タイピング練習器
(ロシア語JCUKEN配列・JISキーボード)

↓↓JCUKENキー配列(記号配列はJISキーボード用)↓↓
メモ:
例題:
回答:
右のボタンを押すと始まります→ (ALT+Sでも良い)
キーボードから直接ロシア文字を入力する(emulation機能を使わない)
あわてずに ゆっくりタイプしてくださいネ
自分で問題文を設定する
ランダム出題にする

使い方

  1. startボタンを押します.
  2. 「回答欄」にタイピングしていきます. 「問題文」と同じ文章を打つのが目標です.
  3. キーボード画面では,次に打つべきキーの色が変ります.

注意:
  1. 回答時に,ロシア語レイアウトを使う必要はありません. 英語入力モード(日本語IMEをオフにした状態)のまま 入力してください.
  2. ただし、ロシア語レイアウトを使って、 ロシア語を直接入力することも可能です。 その時は、「キーボードから直接ロシア文字を入力する」 にチェックを入れてください。

使い方 その2

  1. 自分で問題文を設定したい場合は、 「自分で問題文を設定する 」にチェックを入れてください。
  2. 問題文の欄に新しい問題文を入力してください。
  3. 問題文作成には, といった方法があります.
  4. あとは、startボタンを押して開始します。

キー配列について

自分はロシア語のキー配列をよく知らないので、 以下のようにして確認しました。

  1. Windows98日本語版と、JISキーボードを使用
  2. [コントロールパネル]→[キーボード]→[言語]→[追加] において、「ロシア語」を指定し、OKボタンを押す。 (これは、「キーボードの言語」を指定したことになる)
  3. 「ロシア語」を選択して[プロパティ]を押す。 その中から、「ロシア語(Typewriter)」を選び、OKを押す。 (これは、「キーボードのレイアウト」を指定したことになる)
  4. ここで、「キーボードのレイアウト」に「ロシア語」を指定すると、 日本語JISキーボードでは「ё」の文字が入力できなくなるようです。 よって、上のように、「ロシア語(Typerwriter)」を指定しました。

なぜ、JCUKEN配列というかというと、 キー配列が左上から 「ЙЦУКЕН」 となっているからです。これを英語表記すると 「JCUKEN」になります。

実は、アルファベットの配列は同じでも、 記号(および一部の文字)の配置は入力ソフトにより 異っています。 上でWindowsのロシア語キー配列で、 「キーボードのレイアウト」が「ロシア語(Typerwriter)」 の時と「ロシア語」の時とでは、 どちらもJCUKEN配列なのですが、 記号および一部の文字(「ё」)は配置が異っています。

なお、別のキー配列としては、YAWERTY配列というのもあります。 これは、キー配列が左上から「ЯВЕРТЫ」となっており、 「YAWERTY」となります。

以下で動作確認しました.


(c) chiyu (chiyu@sings.jp)
一覧に戻る