タイピング練習器
(タイ語ケートメニー配列・USキーボード)その3

↓↓ケートメニー配列(記号配列はUSキーボード用)↓↓
メモ:
例題:
回答:

右のボタンを押すと始まります→ (入力窓
あわてずに ゆっくりタイプしてくださいネ

使い方

  1. startボタンを押します.
  2. 「入力窓」にタイピングしていきます. 「問題文」と同じ文章を打つのが目標です.
  3. 入力した文字は、「回答」欄に表示されます.
  4. キーボード画面では,次に打つべきキーの色が変ります.
  5. 赤文字は、実際は母音記号や声調記号のみが入力されます。

キー配列について

自分はタイ語のキー配列をよく知らないので、 以下のようにして確認しました。

  1. Windows98日本語版と、JISキーボードを使用
  2. [コントロールパネル]→[キーボード]→[言語]→[追加] において、「タイ語」を指定し、OKボタンを押す。 (これは、「キーボードの言語」を指定したことになる)
  3. 「タイ語」を選択して[プロパティ]を押す。 その中から、「Thai Kedmanee」を選び、OKを押す。 (これは、「キーボードのレイアウト」を指定したことになる)
  4. ちなみに、ここで、「キーボードのレイアウト」に「Thai Pattachote」を指定することも可能です。 これは、パタチョート配列と呼ばれます。 ここではこのパタチョート配列は使いません。

発音記号について

発音記号を画像で表示できます。

フォントは、Gentiumフォントを利用しました。 http://scripts.sil.org/gentium で入手できます。 フォントの著作権は SIL International( http://www.sil.org/ ) にあります。
(ただし、「m」を逆さにした文字と、(合成用の)アクセント記号との 合成位置がずれたので、これだけは位置を修正しました。)

使い方は、例文のメモ部分で
"ポーチャイ([:phOO cai:])(満足する)"
の様に、「[:」と「:]」で囲んでローマ字表記します。

ローマ字表記は、次のようになります。 (これは、小暮陽一さん( http://hp.vector.co.jp/authors/VA003496/)の 「タイ語・英語発音記号 TrueType フォント "Thai Phonetic YK"」 に同梱されている「発音記号エディタ」の入力方法を参考にしました。 ただし、声調の番号は「2」と「3」を入れ替えています。)

กาkaa
ก่าka1a
ก้าka2a
ก๊าka3a
ก๋าka4a

下のテキストエリアにローマ字を入力して「convert」ボタンをクリックすると、 発音記号の画像に変換されて表示されます。



発音記号用の画像ファイル一覧

athph_a.jpg
a1thph_a1.jpg
a2thph_a2.jpg
a3thph_a3.jpg
a4thph_a4.jpg
ethph_e.jpg
e1thph_e1.jpg
e2thph_e2.jpg
e3thph_e3.jpg
e4thph_e4.jpg
ithph_i.jpg
i1thph_i1.jpg
i2thph_i2.jpg
i3thph_i3.jpg
i4thph_i4.jpg
othph_o.jpg
o1thph_o1.jpg
o2thph_o2.jpg
o3thph_o3.jpg
o4thph_o4.jpg
uthph_u.jpg
u1thph_u1.jpg
u2thph_u2.jpg
u3thph_u3.jpg
u4thph_u4.jpg
Athph_9a.jpg
A1thph_9a1.jpg
A2thph_9a2.jpg
A3thph_9a3.jpg
A4thph_9a4.jpg
Ethph_9e.jpg
E1thph_9e1.jpg
E2thph_9e2.jpg
E3thph_9e3.jpg
E4thph_9e4.jpg
Othph_9o.jpg
O1thph_9o1.jpg
O2thph_9o2.jpg
O3thph_9o3.jpg
O4thph_9o4.jpg
Uthph_9u.jpg
U1thph_9u1.jpg
U2thph_9u2.jpg
U3thph_9u3.jpg
U4thph_9u4.jpg
Nthph_eng.jpg
?thph_stp.jpg
bthph_b.jpg
cthph_c.jpg
dthph_d.jpg
fthph_f.jpg
gthph_g.jpg
hthph_h.jpg
jthph_j.jpg
kthph_k.jpg
lthph_l.jpg
mthph_m.jpg
nthph_n.jpg
pthph_p.jpg
qthph_q.jpg
rthph_r.jpg
sthph_s.jpg
tthph_t.jpg
vthph_v.jpg
wthph_w.jpg
xthph_x.jpg
ythph_y.jpg
zthph_z.jpg

単語数が足りないと感じたら...

鍋田さんが単語を沢山追加したものを公開されています。 ただし、JISキーボード用ですが...
http://www1.udn.ne.jp/~yoiko/


以下で動作確認しました.

注:Linuxでは母音記号などは合成されず、ばらし書きされました。 (タイ語のフォントは入れていないと思っていたけれども、 Unicode(ISO10646-1)フォントにタイ文字を含んでいるのがありました。)
但し、タイ語のTrueTypeフォントをインストールしたら、 ちゃんと合成されて表示されるかもしれません。


(c) chiyu (chiyu@sings.jp)
一覧に戻る