タイピング練習器
(中国語・注音字母・JISキーボード)

↓↓注音字母キー配列(記号配列はJISキーボード用)↓↓
メモ:
例題:
回答:
右のボタンを押すと始まります→ (ALT+Sでも良い)
あわてずに ゆっくりタイプしてくださいネ
自分で問題文を設定する (「簡易 ピンイン⇒注音 変換器」を利用する)
ランダム出題にする

使い方

  1. startボタンを押します.
  2. 「回答欄」にタイピングしていきます. 「問題文」と同じ文章を打つのが目標です.
  3. キーボード画面では,次に打つべきキーの色が変ります.

注意:
  1. 回答時に,中国語IME(注音字母入力)を使う必要はありません. 英語入力モード(または、日本語IMEをオフにした状態)のまま 入力してください.

使い方 その2

  1. 自分で問題文を設定したい場合は、 「自分で問題文を設定する 」にチェックを入れてください。
  2. 問題文の欄に新しい問題文を入力してください。
  3. 問題文作成には, といった方法があります.
  4. あとは、startボタンを押して開始します。

問題点(課題)

声調記号はこれでいいのか??(似た記号がUnicodeにはいくつかあるけれど。)
とりあえず、種々の理由により

  1. 第1声→「 」(半角スペース)
  2. 第2声→「↗」
  3. 第3声→「v」(全角アルファベットのブイ)
  4. 第4声→「↘」
  5. 軽声→→「●」(記号の黒丸)
としています。(文字化け防止のため)

キー配列について

次のようにして確認しました。

  1. Windows98日本語版&MS Internet Explorer 5.5において、
  2. Global IME Chinese (traditional) をインストールしました。
  3. (IE上のテキストエリア入力欄にて)中国語(繁体字)IMEを起動して、
  4. IMEの状態表示バーを右クリックして「内容」を選択して(設定画面が出る)、
  5. 鍵盤(キー配列)は「標準」を選びました。
  6. (ちなみに、Emacsエディターのquail入力での chinese-zozy と同じです。そこでは零壹注音と書いてありました。)

例文作成には、
『哈日杏子の爆烈台北』哈日杏子 著 アルク 発行
を参考にしました。

以下で動作確認しました.


(c) chiyu (chiyu@sings.jp)
一覧に戻る