タイピング練習器
(中国語・注音字母)その3(PinYin記述版)


↓↓注音字母キー配列↓↓
メモ:
例題:
回答:

右のボタンを押すと始まります→ (Opera用入力窓
あわてずに ゆっくりタイプしてくださいネ

PinYin記述版とは

問題文を作成する時に、PinYinで記述すると、 タイピングソフト開始時に、自動的に注音に変換します。
ソースコードを見てもらえれば分ると思いますが、
「ni3hao3」
と記述すると、自動的に
「ㄋㄧvㄏㄠv」
に変換して表示します。

使い方

  1. startボタンを押します.
  2. 「入力窓」にタイピングしていきます. 「問題文」と同じ文章を打つのが目標です.
  3. 入力した文字は、「解答」欄に表示されます.
  4. キーボード画面では,次に打つべきキーの色が変ります.

注意:
  1. 回答時に,中国語IME(注音字母入力)を使う必要はありません. 英語入力モード(または、日本語IMEをオフにした状態)のまま 入力してください.

Opera対策

Operaを使っている場合、「Start」ボタンをクリックした後で 「Opera用入力窓」にカーソルを移動(マウスでクリック)してから typingをしてください。

キー配列について

次のようにして確認しました。

  1. Windows98日本語版&MS Internet Explorer 5.5において、
  2. Global IME Chinese (traditional) をインストールしました。
  3. (IE上のテキストエリア入力欄にて)中国語(繁体字)IMEを起動して、
  4. IMEの状態表示バーを右クリックして「内容」を選択して(設定画面が出る)、
  5. 鍵盤(キー配列)は「標準」を選びました。
  6. (ちなみに、Emacsエディターのquail入力での chinese-zozy と同じです。そこでは零壹注音と書いてありました。)

例文作成には、
『哈日杏子の爆烈台北』哈日杏子 著 アルク 発行
を参考にしました。

以下で動作確認しました.


(c) chiyu (chiyu@sings.jp)
一覧に戻る