『協う』2007年4月号 No.100

特集:『協う』100号記念

当研究所の発足 (1993年) から発行してきた所報 『協う』 が100号を迎えた。 『協う』はこれまで 「くらしと協同」 にかかわる様々な取り組み、 メッセージを発信してきたが、今号ではバックナンバーも振り返りながら、 「つどう・つながる」 場としての 『協う』 のこれからの意味を考えた。

特集

「『協う』100号記念」

特集T 『協う』 の14年で大事にしてきたこと
若林靖永/的場信樹/田中秀樹
特集U

若手研究者が読む 『協う』
名和洋人/林 美玉/望月康平

探訪 くらしとコミュニティT 都市コミュニティの再生−共生をめざす住まい方へ−
上野勝代
探訪 くらしとコミュニティU コミュニティから農業へ
廣瀬佳代
視角 『協う』 というメディア/生協のおもしろさ
山口浩平

連載

生協のひと・生協のモノ イギリス生協のフェアトレード商品
杉本貴志
生協研究の動向 「新しい社会的経済」=社会的企業は何を問いかけているのか
北島健一
私の研究紹介 生協の社会的ポジショニング
川口清史


前のページヘ戻る