『協う』2007年6月号 No.101

特集:格差社会と労働

「格差社会」のなか、 協同組合労働の現実を知ろうと、生協と労協の現場レポートを試みた。また、フランスなど諸外国の働き方とILOの提唱にも学び「日本の労働の今」を再考したい。

特集

格差社会と労働

特集T:座談会 多様化する生協労働
特集U:生協トップインタビュー

生協労働とグループ経営
瀧川 潔

特集V:寄稿 働き方の日仏比較
森脇丈子
探訪 くらしとコミュニティ 「労働の人間化」 を通じた 「地域の人間的再生」
名和洋人
書評T 『労働の人間化とディーセント・ワーク』 牛久保秀樹著
井上英之
書評U 『下流同盟-格差社会とファスト風土-』 三浦 展著
安田則子
視角 働くことと環境問題
植田和弘

連載

生協のひと・生協のモノ 「松なめこ」 に第2の人生を賭ける
林 美玉
生協研究の動向 変化する労働者協同組合
中川雄一郎
 
 
 
 

前のページヘ戻る