『協う』2008年2月号 No.105

特集:「医療制度改革」と地域医療
大都市大阪で今、救急病院が減少している。その原因には、きびしい医療現場がある。「医療の崩壊」は私たち一人ひとりの「命」に直結する問題でもある。日本の医療の現状を考えてみました。

 

特集
「医療制度改革」と地域医療
特集記事

医療現場の今と医療制度の望ましい方向
吉中丈志/井上賀元/中村光佐子/垣田さち子/山一夫

「人と人との支えあいですこやかに生きる」地域社会をめざして
黒岩勝博
中山間地での地域医療活動〜京丹後地域〜
寺本敬一

後期高齢者医療制度はなにをもたらすのか
寺尾正之

ブックレビュー 『日本の医療はどこへいく』
津田光夫

『Dr.瀬戸上の離島診療所日記』
廣瀬佳代

視角 医療へ患者・住民参加のイノベーション
松田亮三
連載 生協のひと・生協のモノ

初めての福祉単独型事業所を開設して〜医療職から福祉職に転身して〜
稲田基子

生協・協同組合研究の動向 非営利・協同における今日の研究対象と課題
竹野ユキコ
私の研究紹介

医療協同組合の歴史研究と医療保障の課題
青木郁夫



前のページヘ戻る