『協う』2009年2月号 No.111

特集
10年目を迎えた組合員理事トップセミナー

生協と一般企業との違いは何だろうか? 組織や事業や経営について、 さまざまな相違を指摘することができるだろうが、 最大の違いは、 生協では利用者と経営者と出資者とが一体化している (「三位一体」 である) ということだろう。 生協は組合員のものであり、 その組合員が経営を監督し、 かつ、 自ら事業の利用者ともなる組織なのである。 そこで要となるのが、 実際に組合員を代表して業務の監督や執行にあたる人々、 組合員理事である。 組合員理事の能力をいかに高めるかを課題として、 本研究所が主催してきた 「組合員理事トップセミナー」 もついに10回目を迎えた。 その課題は達成されただろうか?


特集
10年目を迎えた組合員理事トップセミナー
特集 生協における組合員理事の役割と機能を考える
二場邦彦
座談会

「組合員理事トップセミナーのこれまでとこれからを考える」
杉本貴志/川口清史/立川百恵/小林智子/谷美代子/仲宗根迪子/永野麻弥子

書評1

藤本篤志著「御社のトップがダメな理由」
西山実

書評2

中山洋編「佐藤日出夫の協同組合思想と実践」
辻由子

視角 生協法改正と組合員理事の役割
宮部好広
連載 生協・協同組合の動向

地域・女性・生協
近本聡子

私の研究紹介

女性と家族をめぐる軌跡
中川順子



前のページヘ戻る