『協う』2009年12月号 No.116

特集 「教育」と生協
  
  少し前に、証券会社が小・中・高校の授業に教材やノウハウを提供するというニュースがあった。小さなうちから株式投資に慣れ親しんで貰おうという意図だろうが、そうして育った子ども達がどのような金銭感覚と労働観を抱くようになるのかは、なかなか興味深いものがある。さてそれでは、生協は何をしているのだろうか?
  ロッチデール以来、「協同組合の命は教育である」といわれてきた。協同組合原則においても、とくに若い世代に対する「教育・広報・情報提供」の重要性がうたわれている。はたしてこの原則は絵に描いた餅なのか。本号では、生協における「教育」の実践について、先進的な取り組みを取材し、その意味を考える。

特集
「教育」と生協

特集

T児童・生徒・学生に生協はどう伝えられているのか?

次代を担う子どもたちに生協を知ってもらいたい
−ならコープの取り組み事例より−

廣瀬 佳代(「協う」編集委員 京都生協組合員)

教育で築く子供・学校・地域との新しい関係
−身近な理解者を育てるみやぎ生協の取り組み−

原田 英美 (京都大学大学院 農学研究科博士後期課程)

大学における 「協同組合論」 の現状
   〜生協は学生に講義されているのか?

杉本 貴志 (関西大学商学部 教授)

U 生協における 「教育」 の重要性

協同組合運動と教育
―協同組合教育は何を追い求めるのか―

中川雄一郎 (明治大学政治経済学部教授)

民間企業における社会貢献活動
―イトーヨーカ堂の 「子ども図書館」 ―

加賀美 太記 (京都大学大学院 経済学研究科博士後期課程・ 「協う」編集委員)


書評

賀川豊彦著 『乳と蜜の流るゝ郷』
西樹(京都生活協同組合無店舗商品部eフレンズ担当)

阿部志郎 雨宮栄一 武田清子 森田 進 古屋安雄 加山久夫
『賀川豊彦を知っていますか』


吉田隆司(生活協同組合ひろしま 人事総務部担当主任)

視角

購買生協に働く職員にとって学ぶとは
椎木孝雄(コープみやざき前副理事長、善の循環システム研究所)

連載
私の研究紹介

北川太一さん 
(福井県立大学経済学部 教授  当研究所研究委員)




前のページヘ戻る