京都ビンボー旅行ガイド(食事編)

1999/01/31公開
2007/05/17第7回更新


”ビンボー旅”と題しましたが、何も飲まず食わずで旅しようという訳ではありません。
節約できるところは極力セーブして、見聞を広めるために
より効率的にお金を使えれば良いですね。とりわけ京都は…

1.食事に高くつきます。
2.注文して出てくる食事の量が非常に少ない。
3.ガイドブックを頼らなくても旨い店は探し出せば意外なところにある。

ということで、このページでは私(※)が推薦する
安い、旨い、量が多い、マスコミずれしていない店を紹介します。

しばらく更新をサボっていましたが、その間に各店の状況も変化して
世相の影響もあるのか店もたたんでいるところがチラホラ。
どの店も、ぼくにとって愛着があったところですが、お世話になりました。
関係の皆様の今後の健闘をお祈りします。(2001/9/5)

※大阪出身、独自に味や経済性へのこだわりを強く持ち、京都に生活して10年以上になる。
身長180cm体重75kgと大きめの体格、大飯食い・大酒飲みでもある。

↑…でしたが、その後15年以上経ち、年齢により、食の嗜好やアルコールの消化能力も低下してきました。
最近は、めっきり大盛り店に向かうことも少なく、ランチも小ぶりの弁当箱を持たされることが増えて、
たまに外でランチを取る時は、小洒落たカフェなどで、ボサノバなど聞きながら、
ちんまりしたメニューを食べてることが多くなりました。大盛りメニュー追求は、若さの象徴そのものです。
(2007/5/17)


アクセスの参考に→。(すぐ:本当にすぐです。/近く:歩いて数分。/徒歩:歩いて数分以上。)
「烏丸−今出川」とあるのは、京都独自の土地表記で、烏丸通と今出川通の交差点付近を示します。

ジャンル 店名 場所 アクセス
定食 だるまや食堂 右京区龍安寺西ノ川町 京福電鉄 竜安寺道・妙心寺駅近く
ぼくが運営しているこのサイトは、あまり大々的にPRしていないので、
アクセス数は他で立ち上げているページ ほどではないが、
細々としたぼくのこのサイトに久しぶりで売り込みがあった。
その名は「だるまや食堂」、何かそそられる名前だ。
実際に行ってないので、詳しいことはコメントできないが、紹介のあった だるまや食堂のホームページ を見てみると、
メニューの多さと値段の安さに驚かされる。
近くには有名なお寺も多いので、観光の前後に行ってみるのも良いだろう。
ちなみに京福電鉄は、最近出た「らくたび文庫」の”嵐電ぶらり各駅めぐり”で、 ちょっとした脚光を浴びている。
京の街中をのんびり走る”嵐電”の別名を持つ京福沿線旅の新しい発見の一つに、 この店を訪れてみたい。
(2007/5/15更新)
トンカツ とんとんかつかつ 河原町−今出川 京阪出町柳駅から近く
ベースは別にレポートしている「かつくら」と同じスタイルで、麦飯・味噌汁・キャベツ・漬物食べ放題。
とんかつの大中小を選べるが、小クラス(通称”小トン”)でも物足りなさは感じさせない。
店の出入り口の段差には要注意である。(2005/10/14更新)
カフェ ボンボンカフェ 河原町−今出川 京阪電車出町柳駅すぐ
鴨川沿いの景観の良い店。ランチが630円で食べられる。それだけなら標準的な値段で、
このサイトで取り上げる特別な理由にはならないが、パンが食べ放題なのがありがたい。
お替りもできる。入った感じの心地好さもあって、
ランチをオーダーした後の”お飲み物はいかがですか?”の店員さんの問いに
”コーヒーを…”とつられそうになるが、ビンボー旅にこだわる人は、ここでグッとこらえて
水で我慢しよう(セルフサービスで、もちろん飲み放題)。
季節の良い時期、オープンテラスで食事するのは実に快適であるが
ちょっとテーブルが低く、姿勢がかがみがちになり、あまり胃には良くない、と思う。
この辺りは改善を求めたいところ。(2001/9/5更新)

…でしたが、しばらく前からパン食べ放題はなくなり、セットのランチメニューとなりました。
(2005/10/14更新)
中華 王将(出町店) 河原町−今出川 京阪・出町柳近く、地下鉄今出川徒歩
この不況期、店長ならびに店員・アルバイトが転々と変わるが若者思いの昔堅気の経営が続く。
その何よりの特徴は「学生のみ、皿洗い30分で、食い放題」である。(1999年5月現在)
またオバちゃんには、サービスで自転車の空気入れもしてくれる。
(ちなみに学生には空気入れの貸し出し、後は自力で。)
メニューはとりわけ、特記するものはないが、ご飯の大盛りに追加料金はない。
量はご飯茶碗をダブル重ねしてくれるので実質2倍。
700円あれば、食後ちょっとシンドイぐらい食べられます。
最近この店も時折マスコミに登場するらしく、店長は取材時の事を楽しそうに話してくれます。

いつ行っても、忙しそうな様子で、その辺りが他店と比べて、餃子の焼き加減や麺の茹で具合に
ちょっと反映されています(残念)。(2007/5/17更新)
弁当 コック長 新町−寺之内
(にありましたが、ここの店を閉めました)
(別店舗で営業中)
仕出し専門の弁当屋だが、ちょっと頼めば日替り弁当のテイクアウトをその場で作ってくれる。
ボリューム満点の弁当は、なんと510円。カウンターもない店だが、根性を出して店の出入口から注文しよう。
おかずも肉類中心で、野菜を副食にバラエティに富んでいる。
おまけにもらえるパックみそ汁は、どうしようもない宝の持ち腐れ、
一度カップとお湯も、ももらえるかトライしてみてくれ。諸君の報告を待つ。
店の前は小さな公園でベンチもある。カウンターがなくてもあたかもここで食べてくれと言わんがまでもの
好シチュエーションだ。立派な桜の木もあり、花見の季節は穴場的スポット。
ただしゴミ箱はないので、ゴミはしっかり持ち帰るか、ちょっと南下してコンビニのゴミ箱に捨てよう。(以上、過去の情報です。)
オムライス アローン 寺町−御池上ル 地下鉄御池すぐ
とにかくデカいオムライス。大盛りは並みの空腹状態ぐらいじゃ食べられません。
ただ残念なことに、味が最近、落ちてきたような気がします。
時折、ライスが冷めてたり、芯があったり…。ガンバってください。
でも大盛り580円は、かなりお得。他にランチ類もボリュームがあります。
中華 合掌亭 東洞院−四条上ル
(にありましたが店を閉めました。)
(別店舗で営業していると思います。)
昼食時前(11:50まで)、夕食時前(18:00まで)に入ると
各種サービス定食がそれぞれ600円前後で食べられる。ご飯のお替り可能。
麺類、炒飯、一品それぞれおすすめできるが、ここの揚げソバは一品である。
定食 京洛食堂 烏丸−上立売 地下鉄今出川から近く
10人も入れるかどうかの小さな店であるが、650円の日替り定食に尽きる。
今まで1年以上も通い続けているが同じメニューが出た覚えがない、と言って良い程、
毎日の献立を変えてくれている点は大きく評価できる。
それに副食に野菜を中心としたものが2品程出てくる。長期滞在型の旅におすすめ。
気を付けることは、オッちゃんが出前に行っている混雑時に、
日替り以外のものを注文すると1時間ほど待たされる。人手不足なのである。ご飯の大盛りは+50円
中華 大将 烏丸−二条 地下鉄御池から徒歩
「京都一うまい中華」の看板がかかっているが、あながちウソではない。
おすすめは”本場”と銘打っているチャンポン、器(ドンブリではない、ちょっと薄めの)
のスープ面から野菜が盛り上がって出てくる具沢山のヘルシータイプ。
スープも本格派であり、麺も太目でコシがあり長崎で食べたチャンポンを思い出させた。
それほど安い店という訳ではないが、1000円あれば腹一杯に食べれる。
オバちゃんの腰の低さに、ここが京都ということを忘れさせられる。
日替り弁当も横で見たが、中身が弁当箱からはみ出していた。

…でしたが、経営が変わっています。
(2007/5/15更新)
ランチ グリル鴨川 河原町−今出川 京阪出町柳から徒歩
最安Aランチ590円から始まり、Bランチ、Cランチ、日替りランチがある。
サービスランチは、いつ行ってもトンカツ定食である。京都にしては結構ボリュームのある方である。
ライス大盛りはそれほどお得感はないので避けた方が無難。
丼・麺類 やまと 烏丸−紫明上がる 地下鉄鞍馬口から徒歩
近くの大学生が主なお客さん。ランチタイムは普通でも狭い店内がさらにギュウギュウ詰め
ちょっと時間を外す工夫が必要。
メニューでは焼きそば大盛りを一度チャレンジしてもらいたい。玉は3つ入っている。
オーダーしても、おばちゃんの事前ジャッジにより中盛りにされている人を見た。
(私のように)イチゲンさん(京都言葉)でも、大盛りオーダーが即通るのは光栄である。
焼きそばは塩味風で、豚肉とハムも入っているがキャベツ・もやしがほとんど。
さすがに3玉も入っていると、最後の半玉あたりに来ると味に飽きてしまう。
その時にはテーブルにあるウスターソースをかけよう。また新鮮なソース焼きそばの味が楽しめる。
値段は、これで何と550円であるから驚き。
トンカツ かつくら 東洞院−四条上がる 阪急烏丸、地下鉄四条から近く
安い訳ではないが、ご飯が麦飯でおひつに入って出てくる。その量はゆうに2合はあると思う。
トンカツのランクが数種類あるので最安のクラスで味わいながら飯を食うのがミソ。
注文が出てくるまで、小さなすり鉢が出されるのでひたすら胡麻をすりながらオーダーを待つ。
定食 ハイライト 東山−今出川東入る 京阪出町柳から徒歩
京都大学の前の定食屋さん。フライものが中心でボリュームたっぷり。サービス券がもらえる。
中華 王将 烏丸−七条上がる JR・地下鉄京都から徒歩
近畿圏では名の知れた”餃子”のチェーン店。油は悪いが値段は安い。
旅で新幹線に乗る前・降りた後に歩いて行ける距離にあるのがありがたい。
定食類は企画もので豊富に用意されている。
定食・弁当 なかじま食堂 河原町−今出川近辺 京阪出町柳から徒歩
学生が元気だった頃の食堂。今では仕出しが主な弁当屋になっているが
しっかり食事はできる。おすすめはジャンボオムライス720円、とにかくデカい。
これに一緒に付いてくる赤出汁がちょっとミスマッチでご愛敬。ただし塩分の摂り過ぎになるので注意。
”ホカ弁”を買うなら、ここで幕の内弁当を買う方をおすすめします。
定食 松乃家 烏丸−今出川 地下鉄今出川すぐ
揚げ物中心の定食類。目玉は丼物・麺類の大盛り、並みの大盛りではない。
が高い。1000円近くもするカツ丼なんて食べる気する?
カレー CoCo一番 烏丸−今出川
烏丸−五条など
地下鉄今出川すぐ
貧乏旅の最終手段。お金がなくなったら1.3kgのカレーを決死の覚悟で食べてタダにしてもらいましょう。
食堂 みやこ食堂 烏丸−鞍馬口 地下鉄鞍馬口から徒歩
タクシーの運転手さん御用達の店。おすすめは”肉鍋定食”にライス大(+50円)。すき焼き風の鍋定食です。

概ね問題ないメニューですが、玉子系の丼物は、少々素人風です。(2007/5/17更新)
中華 バーミヤン 烏丸−北大路 地下鉄北大路すぐ
市内にも他に何店か営業中。ケータイからバーミヤンクーポンを入手すべし。
定期的にクーポンが届いて、いろいろなサービスが受けられる。
単品では餃子が安くておすすめ。王将より油は良いと思う(見た目もテカテカしていない)。
お値段の観点からのおすすめは日替わりランチ、580円(税別)。
しかし付け合せのキャベツが多少太く切りすぎで、春キャベツの時期でも硬くて食べるのが大変。口にささる。
ドレッシングとともに乗せている赤いクコの実は綺麗で、これはなかなか良いアイデアである。
店内は幼稚園帰りの子供が騒ぎまくり、うるさい時がある。辛抱すべし。


みなさまからの ご感想・ご質問・おすすめの店情報 を歓迎します。