キャノネットの蔵

1999/06/06公開

1960年代、従来のカメラの販売価格に大きな改革をもたらしたカメラがありました。 その名をキャノネット(Canonet)と言います。 名前から推測できるようにカメラメーカー「キヤノン」が作った名品です。
現代の商品価値からすると、”安くなる=性能が劣る”なのでしょうが このキャノネットシリーズの性能には、目を見張るばかりです。 ぼくも、今まではレンジファインダーカメラに対しては ある種の食わず嫌いがあったのですが、このカメラを一度、使い出してから 性能・機械設計・デザインに心底、惚れ込んでしまいました。
ということで、このページでは、ぼくのコレクションのキャノネットシリーズの紹介をしたいと思います。

キャノネット
キャノネットQL17
キャノネットQL19
キャノネットQL25
ニューキャノネットQL17
キャノネットG−III QL17

 

みなさまからの ご感想・ご質問 を歓迎します。

 

「ハーフサイズカメラの蔵」
「ジャンクカメラ修理工房」