石北本線(新旭川・網走)


最新乗車 2000年夏


石北本線は、旭川の北にある新旭川で宗谷本線と別れ、北見山地を越えて、オホーツク観光の中心地である網走を目指す路線であり、特急「オホーツク」、特別快速「きたみ」といった優等列車が数多く走っている。私がこの路線を風景が見えるうちに乗車したのは、網走からの特急「オホーツク」であった。

釧網本線からの乗換駅である網走を出て、網走刑務所に沿って湧網線の廃線跡が分かれると、網走湖を右に見て走る。ここは鉄道や国道が走っているわりには閑静なところで、立地条件が良いことからホテルや旅館が点在している。この湖と別れると、辺りは牧場や畑が広がる「北海道的風景」となり、美幌峠への乗換点である美幌を過ぎる。北海道ちほく高原鉄道が別れる北見を出ると、連続立体事業で地下化された区間を走る。非電化の地下線は日本唯一ではなかろうか?

留辺蘂を出ると、人跡稀な峠越えにかかる。頂上付近にスイッチバック式の常紋信号所と常紋トンネルがあり、ここはSLブーム時代からの有名撮影地であるが、ここはまた建設時、強制労働による犠牲者が多数出、怪談が絶えないところでもある。ここを過ぎた辺りで、遠軽の駅弁である「かにめし」の注文に係員が回り出す。別に、駅で買ってもいいのだが、列車の進行方向が変わるわりには停車時間が2分前後と短く、乗客にとって酷であり、列車の定時運行にも支障するための配慮らしい。平地の遠軽で列車がスイッチバックするのは、現在は廃止された名寄本線との接続の関係であるようだ。

遠軽を出ると再び山間に入り、湧別川沿いに登って行く。丸瀬布の近くにある「いこいの森公園」には森林鉄道のSLが動態保存されており、行ってみたかったのだが、このときは日程の都合で訪れることはできなかった。白滝と付く駅を5つ過ぎると石北トンネルをくぐり、石狩川水系に沿って石狩平野へ下っていく。層雲峡への乗換点上川を過ぎ、山間部を抜けるとパッと上川盆地の田園風景が広がり、新旭川に到着する。ここから旭川までは宗谷本線に乗り入れている。


北海道編目次へ戻る
ホームへ戻る