札幌市交通局(地下鉄・市電)


最新乗車 2003年冬


札幌市交通局は、市電1系統と、地下鉄を3路線有し、北海道の中心都市札幌の重要な交通機関となっている。地下鉄は全線ゴムタイヤ式で、足元にはレールがない(厳密に言えば、案内軌条と呼ばれるレールが1本真ん中にある)。タイヤはレール代わりのコンクリートの路盤を走る。市電は、ほぼ環状の形態をなしており、現在は折返し運転となっているが、終端駅同士をつないで本当の環状線にする計画が立てられたこともあった。今は沙汰やみのようであるが、結局どうなったのだろうか?

地下鉄は開業順に南北線、東西線、東豊線があるが、このうち地上区間は南北線の南端の平岸真駒内の間だけで、あとは全線地下を走っている。その貴重な地上区間も、雪対策で駅間もスノーシェルターに覆われており、外の景色はシェルターに設けられた窓から窺い知るのみである。

南北線(麻生・真駒内)

南北線は札幌冬季オリンピックに合わせて建設された路線で、札沼線新琴似近くの麻生から、北海道大学の横を通り、さっぽろ大通すすきのを経由して、真駒内を目指す路線である。平岸を出て地上に上がると、かつての定山渓電鉄の跡地に造られた高架線を走る。しかし、この区間は厳密には定山渓電鉄の跡地ではないという話を聞いたことがあり、果たしてその実態はいかに?ちなみに自衛隊前の高架下には札幌市交通資料館があり、かつての車輌が保存展示されている。真駒内からは定山渓温泉への接続バスも出ており、また雪まつりの大通公園と並ぶ会場でもあり、シーズン中は賑わうという。

東西線(新さっぽろ・宮の沢)

札幌の副都心、千歳線新札幌の直下にある新さっぽろから出発する。そういえば、札幌市交通局は何故か札幌の漢字を使っていない。新さっぽろしかり、さっぽろしかり。しかし、この東西線で白石の次の駅は東札幌で、ここは漢字になっている。どういう目的でこうなっているのか、誰か教えてください。さて、大谷地の辺りから、千歳線の旧線の近くを沿って走る。ここはあくまで近所を走っているだけで、廃線敷を利用して線路を建設したわけではないようである。東札幌で千歳線の旧線は去り、大通に着く。琴似からは1998年の秋に開業した区間に入り、西端の宮の沢である。バスターミナルが併設されており、各地へ乗り継ぐことができる。

東豊線(栄町・福住)

南北線の東側を走る路線である。それと、昭和の最後に開業した鉄道であることぐらいしか思いつかない、陰の薄い路線である。規格は東西線と共通で、架線集電である(南北線は第3軌条集電)。さっぽろ大通とも繁華街からは離れたところにあり、東豊すすきのに至っては、南北線のすすきのと別駅である。いっそのこと、さっぽろすすきの間は南北線と完全な複々線にしてしまった方が使い勝手がまだよかったような気がする。と、色々否定的なことを書いてしまったが、それも、夕方のラッシュ時間帯に乗ったのにガラガラだったからである。並行する南北線のラッシュと比べれば天国と地獄のように。

市電(西4丁目・すすきの)

市電は地下鉄大通の地上にある西4丁目から藻岩山の麓を通って、すすきのまでの準環状線である。西4丁目を西に向かって出発した電車は、案外狭い道を進む。西15丁目から並行していた東西線と別れて南下し、やがて周囲が商業地から住宅地へと雰囲気が変わってくると、藻岩山が近付いてくる。ロープウェイ入口を過ぎると電車事業所前で、ここには車庫があり、見にくいものの道路からその中をのぞくことができる。裏手に構える藻岩山に登ったら、いい感じで俯瞰できるかもしれない。

電車はここで左折して東に向かう。再び周囲は住宅街から商業地へと変わって行く。派手な看板の店が多いように感じた。雪の中でも目立つようにとの考えだろうか?東屯田通を過ぎて北に向かい、どんどんビルが増え、高くなって行く。東本願寺前を過ぎて創世小学校前で右折してすすきのに到着する。歓楽街のど真ん中である。南北線すすきのの入り口もすぐ近くにある。


北海道編目次へ戻る
ホームへ戻る