神戸本線(梅田・三宮)
伊丹線(塚口・伊丹)
甲陽線(夙川・甲陽園)


最新乗車 2001年夏


阪急神戸本線は、その昔阪神や省線(→国鉄→JR)に対して「早ようて空いてる阪急電車」とのキャッチフレーズで阪神間の旅客争奪戦に殴り込んだ過去を持っている。できるだけ早く阪神間を結ぼうとしたためか直線主体の線形で、電車も快適に高速で走る。もっとも、現状では速過ぎるJR新快速に全く歯が立たないが、なんとか快速とは互角の勝負である。JRの攻勢や阪神大震災により乗客が大幅に減少したと騒がれているが、乗った感じ昔より電車が空いたとは感じられない。昔、客が乗り過ぎていただけじゃないのか?と思ったりもする。沿線は住宅街となっており、工場や住宅地、商業地が混在しているJR東海道線阪神本線とはまた違った車窓風景が展開する。

東から京都本線、宝塚本線、神戸本線と3線ずつ合計9線の線路が並ぶ梅田を出るとすぐに左に急カーブし、抜けたくらいにJR梅田貨物駅を跨ぎ、中津を通過する。阪急といえば梅田十三間の3複線であり、3線同時発車であるが、梅田で頭を揃えて発車しても、中津には京都本線のホームがなく速度制限が緩いためか、例え神戸本線、宝塚本線が中津通過列車同士であってもここで京都本線の列車が先行してしまう。中津で左側に並行している高架道路には、1975年まで阪神北大阪線が走っており、阪神の軌道線車輌を見ることができた。

新淀川の長い鉄橋を渡ると、「でぃーぷ」な繁華街の中にある乗換駅、十三である。ここで3線が分岐するため、駅構内は扇型に広がっており、そんなに広くない跨線橋や地下道は3線間の乗換客でいつもごった返している。他2線のホームがカーブしているのに対して神戸本線のホームだけは直進しており、高速指向の路線であることを物語っている。高架に上って、山陽新幹線と北方貨物線の間をくぐる。神崎川を過ぎて神埼川、阪神高速11号池田線、猪名川、名神高速と次々に交差すると、風景は下町から住宅街へと変わり、園田競馬場の最寄り駅園田である。この競馬目的の乗降客に対処するため、西宮北口阪神本線甲子園と同じく待避線には両側にホームがあり、乗降の迅速化を図っている。再び山陽新幹線をくぐり、福知山線を跨ぐと塚口である。福知山線にも塚口はあるが場所は離れており、乗換駅ではないので注意が必要である。

塚口では伊丹線が分岐している。梅田方面行きホームに急カーブで入っている伊丹線は、塚口のホームを離れるとすぐに方向を北に定めて真っ直ぐ走って行く。住宅地の中を稲野を過ぎ、山陽新幹線をくぐると新伊丹である。高架に上り、少し左にカーブすると終点の伊丹。かつて、ここから延伸される計画があったが、今は全くの白紙状態である。駅も先に延伸できるような構造になっていたが、阪神大震災により留置中の車輌とともに崩れ落ち、手前に仮駅を置いて一から作り直された(バリアフリーに力を入れたという)現在の駅は延伸できる構造ではなく、単なる終端駅になっている。

本線は塚口を出ると一直線に住宅地の中を突っ切り、武庫之荘を過ぎて武庫川を渡り、右に車庫が広がり、左に西宮スタジアム(旧西宮球場)が見えると、特急停車駅西宮北口である。西宮北口は、かつて阪急ブレーブス本拠地への最寄り駅として知られており、試合前後には隣の阪神には劣るもののチームマスコット「ブレービー」のヘッドマークを掲げた臨時特急が数多く運転されていたものである。1989年のシーズンからオーナーが阪急からオリックスへと変わり、その2年後から本拠地を西宮球場から神戸グリーンスタジアムに移してしまったので、すっかり寂しくなってしまった。今、西宮スタジアムを有名にしているのはアメフトであり、大きな試合が度々開催されている。ところで、さらに余談ではあるが、実はこの西宮球場も甲子園球場も同じ西宮市内にある。そう、1990年まで西宮市はプロ野球チームの本拠地を2つも抱えていたのである。複数本拠地を抱える都市は、他には東京23区(本拠地2、チーム3)しかなく、西宮はかなり珍しい都市だったといえる。

また1985年まで本線と今津線とが路面電車よろしく構内で平面交差していたことを覚えている方は少なくなっただろうか。列車の増結や増発に伴って平面交差が邪魔になり、今津線を南北に分断する形で解消されている。当初は南北に分かれた今津線を現在の橋上駅舎の上を通して再びつなげるなんて話もあったが、最近聞かない所をみるとあきらめたのだろうか。今津線は分断されたが、線路はちゃんと今でも本線につながっており、今津北線からは梅田向きに、今津南線からは三宮向きにそれぞれ連絡線が伸びている。特筆すべきは今津北線と神戸本線との間でラッシュ時にこの連絡線を使って直通準急が走っていることであり、連絡線にはホームがないことから、この準急は特急停車駅である西宮北口を通過する唯一の営業列車となっている。

西宮北口を出ると高架線に上がる。この辺りの高架線が震災で完全に崩壊し、結局神戸本線で最も復旧の遅れた区間となった。そのまま山裾に入る形で夙川。ここでは直角に甲陽線が分岐している。苦楽園口甲陽園と、途中夙川を渡る以外はまるで市電のように高級住宅地を縫って走る単線の路線である。沿線には学校も多く、ラッシュ時は上下ともに混雑する。

夙川を出ると、六甲の山裾、海岸沿いのJRや阪神とは一段高い所を走る。その名の通り芦屋川に架かる橋の上にある芦屋川、学生の乗降が多く最近特急停車駅となった岡本、神戸本線にしては珍しい急なS字カーブを抜けて御影。この辺りは切り通しとなっており、そこに側線がある。かつて山陽電車が六甲まで乗入れていた頃はこの側線で山陽電車が折り返していた。相互乗り入れのなくなった今は、回送電車の待避などに使われることがあるくらいで滅多に使われていない。切り通しを抜けると左側に六甲大橋や六甲アイランドが望め、海も見える。阪神間を走る3社で海が見えるというのは、阪神間(須磨辺りまで行けば海沿いを走るので敢えてこだわる)では現在阪急だけになってしまったと思われるのだが、いかがだろうか。

1984年5月、乗入れの山陽電車(御影行き回送)が誤出発して、それを追い越すはずだった梅田行き特急が衝突したことで有名な六甲は休日は六甲山への玄関口として、平日は周辺の大学の最寄り駅として賑わう。俗に言う「新幹線タイプ」の待避可能駅で、阪急電車の写真といえばよくこの六甲で撮られたものを見たものである。住宅地の中緩やかに左カーブして、右に王子動物園を見下ろしながら王子公園を通過する。ここから神戸本線はまるで神戸の街に着陸するかのように、山裾から高度を下げて東海道線と並行するようになる。「着陸」する阪急から街を見下ろしてもよし、東海道線から「降臨」する阪急電車を見上げてもよしと、この合流地点付近の車窓が私のお気に入りである。春日野道を通過し、JR三ノ宮の少し西側にある三宮に到着する。以前は開業以来の古風なターミナルビルが線路に覆い被さっていたのだが、阪神大震災で崩壊し、すっかり寂しくなってしまった。線路はこの先、神戸高速鉄道に続いている。


関西大手私鉄目次ヘ戻る
ホームヘ戻る