三陸鉄道北リアス線(久慈、宮古)


最新乗車 1997年夏


国鉄転換の第3セクターとして初めて開業した三陸鉄道は、開業年度が新しいだけありリアス式海岸の入江の奥に駅を設け、間の岬をトンネルで一直線に貫くという大胆な路線である。転換当初は黒字経営で、日本各地の国鉄特定地方交通線を多数第3セクターに転換させる原動力にもなった。現在は赤字に転落してしまっているが、三陸縦貫快速列車の運転や駅弁の販売など、あの手この手の集客作戦を行っているのは好感が持てる。久慈宮古間において三陸鉄道開業時に開通したのは普代田老間で、これ以外の久慈普代間は久慈線、田老宮古間は宮古線として国鉄時代から営業していた。

八戸線と接続して久慈を出た列車は海岸には出ずになだらかな丘陵地へと入って行き、陸中宇部陸中野田を過ぎてようやく左窓に太平洋が広がる。海沿いに走る区間は高架橋や盛土でしかも結構高い位置に敷設されている。これは津波の被害を最小限に留めるための対策でもある。おかげでトンネル以外での眺めはかなり良好である。列車は白井海岸までトンネルに出たり入ったりしながら海沿いを走る。国鉄時代の終点、普代を出ると長いトンネルに入る。黒崎や北山崎といった景勝地の岬をこれでバイパスしてしまう。

再び田野畑から海沿いを走るが、徐々にリアス式海岸が入り組んできているため、トンネルによるショートカットが多くなり、まるで車窓はスライドショーのように展開する。ところで、田野畑の辺りで海沿いに車輌らしきものが鎮座しているのが見える。その正体は水門で、三陸鉄道の車輌のペイントがなされているのである。岩泉線が延びてくるはずだった小本(JRバス東北等により岩泉小本間のバスが運行されている)を過ぎるとますますトンネルは長くなり、摂待の駅構内くらいしか外に出ることがなくなってしまう。やがて田老。ここからは旧宮古線区間であるが、そんなに開業時期に差はない。列車は大きく海から離れ、山の中を宮古に向かう。一の渡宮古間にある猿峠トンネルで1974年に列車火災実験が行われたことがある。1972年の北陸トンネル列車火災の実証実験で、実際に軽量客車のナハ10に点火して実験が行われた。当時既に宮古線として営業していたこの区間でこのような実験を行うということは、それだけ宮古線の運転本数が少なかったのであろう。列車は左カーブし、山田線と 合流して宮古に到着する。山田線にそのまま乗り入れて南リアス線まで直通する列車も存在する。


東北編目次へ戻る
ホームへ戻る


三陸鉄道南リアス線(釜石、盛)


最新乗車 1997年夏


三陸鉄道はJRとの直通列車も多く、北リアス線と南リアス線を山田線を介して全線直通する列車も2往復設定されている。そのため、36形各種の三陸鉄道オリジナル車だけでなくJRのキハ100も乗り入れてくる。かつては乗り入れ仕様のキハ58なども存在していた。釜石間において国鉄時代から営業していたのは吉浜間であった。

釜石を出た列車は橋上市場(の跡)を見下ろしながら走り、やがて釜石の街が尽きるとトンネルに入って行く。ここからはまるで地下鉄のような雰囲気となり、長いトンネルを出ると平田、再び長いトンネルに入って出ると唐丹、再び長いトンネルを抜けて吉浜湾に出ると吉浜である。左に広がってるはずの太平洋はほんとに一瞬しか楽しむことができない。岬を越えるトンネルをくぐると越喜来湾に面する三陸で、ここから並行する国道45号線は山の中を真っ直ぐ盛を目指すのだが、南リアス線はしばらく海沿い(といってもトンネル三昧)を甫嶺小石浜と大きく迂回し、綾里からようやく太平洋から離れて長いトンネルでに向かう。陸前赤崎を出てトンネルを出ると左にカーブしながら岩手開発鉄道と盛川を一跨ぎにし、工場街を見下ろしながら右カーブして大船渡線と合流し、に到着する。

先ほどの岩手開発鉄道がこの先、日頃市から岩手石橋まで伸びており、石灰石専用列車が多数走っている。かつては旅客営業も行っていたのだが、不採算を理由に1992年に取り止めてしまい、残っていた旅客用車輌も2001年から2002年にかけて解体されてしまった。


東北編目次へ戻る
ホームへ戻る