五能線(東能代・川部)


最新乗車 1997年夏


東能代から川部まで、内陸を行く奥羽本線に対して日本海沿いを走る路線である。五能線の「能」は能代の「能」なのだが、「五」は五所川原の「五」とのことである。これは1936年の五能線全通まで東能代陸奥岩崎間が「能代線」、川部深浦間が「五所川原線」と呼ばれていたことによる(この2つの線名の頭文字を合わせて五能線と呼んだという可能性も)。もとより輸送需要は少ないうえに、能代市から弘前市までも奥羽本線(国道7号線)周りの方が近くて早いことからJRとしても観光路線として考えているらしく、以前は「ノスタルジックビュートレイン」、秋田新幹線開業後は「リゾートしらかみ」という観光列車を走らせている。「リゾートしらかみ」は沿線の観光地を下車して楽しむことができるという、今までにない(わけではないが…キハ17を用いた「房総の休日」や観光団体列車「××観光」などありましたし)定期観光バスのような画期的な観光列車であり、キハ48を改造した4輌の専用編成が用いられている。列車の解説はJR東日本秋田支社ホームペー ジに詳しく載っているのでそちらをご参照下さいませ。実は私、ただの普通列車で五能線を乗り通したので「リゾートしらかみ」をよく知らないんです。

東能代秋田方に向かって出発する。すぐに奥羽本線が左にカーブして別れて行き、やがてこちらも緩くカーブしながら米代川の左岸に沿って走る。しばらくすると能代市の中心に位置する能代である。五能線の最初の開通区間は東能代能代間であり、市街地の外れを走る奥羽本線と能代の中心街とを結ぶ貨物線が五能線の始まりであった。これも、能代が古くからの木材の集散地であったからであろう。能代を出ると米代川を渡り、国道101号線(五所川原市までの長い付き合いである)と並行しながら向能代北能代鳥形沢目と水田地帯を走る。前方に広がるのはユネスコの世界遺産にも指定された白神山地である。東八森の辺りから左に日本海が広がる。ここから鯵ヶ沢までの80km、岩場の続く海岸線を右へ、左へカーブを切りながら走る。八森滝ノ間あきた白神と過ぎて秋田県最後の駅の岩館。ここで折り返す列車もあるほか、五能線では数少ない交換設備も設けられている。

岩館を出て青森県に入るとトンネルをくぐることが多くなる。大間越白神岳登山口松神を過ぎると、日本キャニオン(合衆国のグランドキャニオンに似てるから、らしい)や十二湖への入口の十二湖である。列車に接続してバスが出ており、これらの観光地を巡ることができる。能代から北上してきた列車は陸奥岩崎を過ぎると西に向きを変える。艫作崎(黄金崎)を回り込むためである。リアス式の三陸海岸に比べると海岸がなだらかだからであろう。陸奥沢辺を出て再び北上を始めるとウェスパ椿山である。この駅は「リゾートしらかみ」以外は停車しないという、一種のパビリオン(という言い方も古いか…)のような駅である。岬の最寄り駅である艫作を過ぎると列車は北東へ向けて走る。横磯を出てぐるっと深浦港を回ると深浦岩館以来の交換可能駅である。この間37.8kmも交換駅が存在しない。次の交換駅は23.7km先の北金ヶ沢である。そもそも147.2kmある五能線で交換駅は能代岩館深浦北金ヶ沢鯵ヶ沢五所川原板柳の7つ しかない。

次の広戸を出て、追良瀬川を渡るために右に大きくカーブするところの海側に慰霊碑が建っている。ここでは1972年12月2日、深浦発の始発列車が折からの高波にさらわれて転覆し、牽引機の8620が海に突っ込んで機関士が死亡するという事故が起きている。私が乗車したとき、この慰霊碑の所で運転士がタイフォンを鳴らしたのが印象に残っている。追良瀬驫木(とどろき)風合瀬(かそせ)大戸瀬と冬場の気象条件が厳しいことを物語る名前のついた駅が続く。前述の事故が起こってしまったのも、そんな厳しい冬のせいといえる。平たい岩場が広がると大きな岩に挟まれるように千畳敷の駅に着く。「平たい岩場」が千畳敷なので駅を降りて国道101号線を渡ればすぐそこである。北金ヶ沢陸奥柳田陸奥赤石と過ぎると鯵ヶ沢である。

鯵ヶ沢からは乗客も増え、ここを始終着とする列車もあるので本数がほぼ倍増する。また、直通列車でもここで増結されることが多い。鯵ヶ沢を出てしばらくすると右に大きくカーブして日本海から離れ、水田地帯に入る。右手に岩木山が目立ち始めるのもこの辺りからである。鳴沢越水陸奥森田中田、巨大な遮光器土偶の形をした駅舎を持つ木造を過ぎ、岩木川を渡って右にカーブすると左から津軽鉄道が近寄ってきて五所川原に着く。ここから南へ、右に岩木山を眺めながら水田地帯やリンゴ畑の中を陸奥鶴田鶴泊板柳林崎藤崎と走り、左に大きくカーブして奥羽本線と合流、終点の川部に着く。五能線の終点ではあるが川部止まりの列車はなく、全て奥羽本線に直通して弘前青森に向かっている。


東北地区のJR線目次へ戻る
ホームへ戻る