釜石線(花巻・釜石)


最新乗車 1997年夏


釜石線は、東北本線花巻と三陸の鉱業都市釜石を結ぶ路線で、今も急行「陸中」が最優等列車として運転されており、車輌がキハ100系列に統一されていることを除けば、かつての国鉄亜幹線の趣きを残している。また、前身の岩手軽便鉄道は宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」や「シグナルとシグナレス」のモデルになったことも有名で、そのことを示す記念碑がかつて軽便のターミナルがあった花巻駅前の「なはんプラザ」の中庭に建てられている。ちなみに、シグナルは東北本線の信号機、シグナレスは岩手軽便の信号機、とのことである。

花巻の1番ホームが釜石線の乗り場である。東北本線が発着する2、3番ホームを挟んだ反対側からはかつて馬面電車などで知られた花巻電鉄が発着していた。列車は青森方に向かって出発する。このため、釜石線から盛岡に直通する急行「陸中」、快速「はまゆり」はここでスイッチパックを行っている。シグナレス(?)に導かれて花巻を出ると、すぐに右に大きくカーブして東北本線と離れる。沿線は典型的といっても差し支えない水田地帯である。この辺りは日本列島としては地質年代的に古いためか、なだらかな地形であり、大陸的な風景となっている。その昔、JR東日本の観光キャンペーンで「東北大陸」というのがあったのだが、私がこの釜石線に初めて乗車したとき、妙に納得した記憶がある。似内を出、宮沢賢治がイギリス海岸と名付けたあたりで北上川を渡って、しばらくすると東北新幹線の高架下に隠れるような新花巻である。もちろん新幹線との接続駅で急行停車駅であるのだが、単線に細いホームがはりついただけの簡単な駅である。なお、新幹線に乗り継ぐには一旦改札を出るようになっており、階段などで直接繋が ってはいない。山陽新幹線新岩国と錦川鉄道御庄との連絡といい勝負である。

新花巻を出、小山田土沢晴山を過ぎると線路は北上川の支流である猿ヶ石川に沿うようになり、やがて北上山地を越える上り坂にかかる。岩根橋を過ぎる頃には、線路は猿ヶ石川のさらに支流である宮守川に沿った軽便以来のクネクネとした峠道へと変わる。急行も停車する宮守を出ると、さらに急な上り坂にかかる。柏木平で再び猿ヶ石川に沿うようになると幾分上り勾配は緩やかになり、鱒沢荒谷前岩手二日町と過ぎる。国道396号線遠野街道と交わる綾織からは徐々に周囲が開け、遠野盆地へと入って行く。遠野盆地はその名の通り柳田国男「遠野物語」の舞台であり、その盆地の中心にある遠野駅は遠野観光の一大拠点である。駅前広場には河童のプロンズ像なんかもあったりする。なお、河童渕や伝承園などがある地域へは駅前から出ている早池峰バスに乗り換えである。

遠野を出ると、盆地の中を青笹岩手上郷と進み、平倉から山越えにかかる。軽便時代終点であった足ヶ瀬を過ぎると下り坂の長いトンネルに入る。この足ヶ瀬トンネルができて釜石線が全通する1950年までは足ヶ瀬から陸中大橋まで仙人峠を越えるロープウェイが存在していた。トンネルを抜けると上有住。駅の近くには滝観洞があり、隠れた観光地となっている。上有住を出ると再び長いトンネルに入り、さらに2、3本トンネルを抜けると右下に線路や駅施設が見えてくる。この下に見える線路、支線でもなんでもなくこれから進む線路である。どうしてこんなことになっているかといえば、高度を稼ぐために線路がまさにヘアピンカーブを描いているからである。鉄道で高度を有効に稼ぐ手段といえば上越線や肥薩線などに存在するループ線があまりにも有名だが、ちゃんとこのようなヘアピンカーブも存在しているのである。なお、ぐるっと180度回る地点に存在するトンネルはその形状から「タコ頭トンネル」と呼ばれているようだ。

そして、そのタコ頭トンネルを抜けると陸中大橋の構内である。今まで走ってきた線路が右上に見える。この辺りはもともと釜石鉱山があり、その専用鉄道が1965年まで釜石線に並行して現在の国道283号線の所を走っていた。甲子川に沿って洞泉松倉小佐野と過ぎ、徐々に釜石の市街地へと入って行く。なお、小佐野から甲子川の支流である小川川に沿う木炭輸送の専用鉄道もかつて存在していて、その廃線跡にはレンガ橋が保存されている。左上から山田線が合流して、いまだに広い構内を持つ釜石に到着する。右側が釜石製鉄所の跡である。この先線路は三陸鉄道南リアス線へと続く。


東北地区JR線目次へ戻る
ホームへ戻る