米坂線(米沢・坂町)


最新乗車 1997年夏


米坂線は、米沢盆地と越後平野を荒川に沿って結ぶ路線である。人口密度の希薄な朝日山地を越えるため、山形市と新潟市の都市間輸送に頼るしかない路線なのだが、2都市間の交流が少ないためか、また奥羽本線の標準軌化で山形に直通できなくなったためか、一時に比べて本数がかなり減っている。そういえば、山形、新潟間の都市間バスも気が付けば本数が2往復と激減している。昔はバスももう少しあったと記憶しているのだが。

米沢駅の隅に追いやられた米坂線乗り場から列車は出発する。すぐに右にカーブして奥羽本線(山形新幹線)とは別れ、米沢市の環状線のごとく市街地を南米沢西米沢と3/4周する。米沢盆地の西側に広がる水田地帯の中を成島中郡羽前小松犬川と北上し、右から山形鉄道が合流して今泉に着く。現在ではJRに残った米坂線より、第3セクターに転換された山形鉄道の方が今泉に発着する本数が多くなってしまっている。しばらく単線の線路を共有して走り、白川を渡ったところで分岐する。米坂線は左に回り、萩生羽前椿と過ぎ、やがて米沢盆地は尽きて朝日山地宇津峠を目指して登って行く。手ノ子を過ぎ、白川の支流宇津川に沿って登って行くと、列車は峠の下に掘られた宇津トンネルをくぐる。ここが分水嶺となっているので線路は下り勾配となり、後々荒川となる谷間を走る。手ノ子から9.2kmも走って羽前沼沢。山間の静かな駅である。さらに列車は伊佐領羽前松岡と谷を下って小国に着く。ここから、進 行方向右側に荒川によって形作られた赤芝峡や荒川峡といった美しい渓谷が広がる。次の越後金丸との間には1995年11月まで玉川口という駅があった。坂町の一つ手前にあった花立とともに利用客の減少に伴い廃止されている。玉川口の駅跡をすぎてしばらくすると山形県から新潟県に入る。岩船発電所のダム湖を見ながら走ると、やがて越後片貝。ここから荒川峡を望みながらトンネルを何本か抜けると(要はチラリズム)、周囲が開けて越後下関に着く。水田の中、越後大島を過ぎると荒川の谷が狭まる。前述の花立はかつてこの辺りにあった。ようやく越後平野に出ると、左にカーブして羽越本線と合流。坂町に到着する。


東北地区JR線目次へ戻る
ホームへ戻る