アンティカ 35周年記念演奏会 曲目&歌詞



曲目

 ミサ通常文と訳

 私を起こして by ガルニエ

 いとしい人よ、バラを見に行こう by ギヨーム・コストレ

 類いなき美しさ by アントワーヌ・ド・ベルトラン

 美しいこの五月に by クレマン・ジャヌカン

 恋の苦しみに耐えかね by クレマン・ジャヌカン

 鳥の歌 by クレマン・ジャヌカン



ミサ通常文と訳




KYRIE

Kyrie eleison,
Christeet eleison.
Kyrie eleison,
キリエ

主よ、あわれみたまえ。
キリストよ、あわれみたまえ。
主よ、あわれみたまえ。
GLORIA

Gloria in excelsis Deo.
Et in ierra pax hominibus bonae voluntatis.
Laudamus te, benedicimus te,
adroamus te, glorificamus te.
Graitias agimus tibi propter magnam gioriam tuam.
Domine Deus, Rex caelestis, Deus Pater omnipotens.

Domine Fili unigenite, Jesu Christe.
Domine Deus, Agnus Dei, Filius Patris.
Qui tollis peccate mundi,
miserere nobis.
Qui tollis peccate mundi,
suscipe deprecationem nostram.
Qui sedes ad dexteram Patris,
miserere nobis.
Quonism tu solus sanctus. Tu solus Dominus.
Tu solus Altissimus, Jesu Christe,
cum Sancto Spiritu,
in gloria Dei Patris. Amen

グロリア

天のいと高きところには神に栄光、
知には善意の人に平和あれ。
われら主をほめ、主をたたえ、
主をおがみ、主をあがめ、
主の大いなる栄光ゆえに感謝したてまつる。
神なる天、天の王、全能の父なる神よ。

主なる御ひとり子、イエズス・キリストよ。
神なる主、神の小羊、父のみ子よ。
世の罪を除きたもう主よ、
われらをあわれみたまえ。
世の罪を除きたもう主よ、
われらの願いをききいれたまえ。
父の右に座したもう主よ、
われらをあわれみたまえ。
主のみ聖なり、主のみ王なり、
主のみいと高し、イエズス・キリストよ。
聖霊とともに
父なる神の栄光のうちに。アーメン。


CREDO

Credo in unum Deum
Patrem omnipotentem, factorem caeli et terrae,
visibilium omnium invisibilium.

Et in unum Dominum, Jesum Christum,
Filium Dei unigenitum,
et ex Patre natum ante omnai saecula.
Deum de Deo; Lumen de Lumine;
Deum verum de Deo vero;
genitum non factum; consubstantialem Patri,
per quem omnia facta sunt.
Qui propter nos
et propter nostram sautem,
descendit de caelis.
Et incarnatus est de Spritu Sancto, ex Maria Virgine;
et homo factus est.
Crucifixus etiam pro nobis;
Sub Pontio Pilato passus et sepultus est.

Et resurrexit tertia die secundum Scripturas;
et ascendit in caelum; sedet ad dexteram Patris;
et iterum venturus est
cum gloria judicar evivos et mortuos;
cujus regni non erit finis.

Et in Spiritum Sanctum,
Dominum et vivificantem;
qui ex Patre Filioqe procedit.
Qui cum Patre et Filio simul adoratur
et conglorificatur,
qui locutus est per prophetas.
Et unam Sanctam Catholicam
et Apostohcam Ecclesiam.
Confiteor unum Baptisma
in remissionem peccatonlm
et expecto resurrctionem mortuomm,
et vitam ventui saeculi. Amen.

クレド

われは信ず、唯一の神、全能の父、
天と地、目ゆるもの、
見えざるものすべての造り主を。

われは信ず、唯一の主・
神の御ひとり子・イエズス・キリストを。
神はよろず世のさきに、父より生まれ、
神よりの神、、光よりの光、
まことの神よりのまことの神、
造られずして生まれ、父と一体になり、
すべては主により造られたり。
主はわれら人類のため、
またわれらの救いのために、
天よりくだり、
聖霊により処女マリアより
御からだを受け、人となりたまえり。
ポンシオ・ピラトのもとにて、われらのために十字架に
つけられ、苦しみをうけ、葬られたまえり。

聖書にありしごとく三日目によみがえり、
天にのぼりて、父の右に座したもう。
主は栄光のうちに再び来たり、
生ける人と死せる人とを裁きたもう、
主の国は終わることなし。

われは信ず、主なる聖霊・
生命の与えぬしを、
聖霊と父と子よりいでて、
父と子とともに
拝みあがめられ、
また予言者によりて語りたまえり。
われは一・聖・公・
使徒継承の教会を信じ、
罪の許しのためなる
唯一の洗礼をみとめ、
死者のよみがえりと、
来世の生命とを待ち望む。アーメン。


SANCTUS

Sanctus, Sanctus, Sanctus,
Dominus Deus Sabaoth.
Pleni sunt caeli et terra gloria Tua.
Hosanna in excelsis.

サンクトウス

聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、
万軍の神なる主。
主の栄光は天地にみつ.
天のいと高きところにホザンナ。


BENEDICTUS

Benedictus qui venit in nomine Domini.
Hosanna in excelsis.

ベネディクトゥス

ほむべきかな、主の名によりて来たる者。
天のいと高きところにホザンナ。


AGNUS DEI

Agnus Dei, qui tollis peccata mundi,
miserer enobis.

アニュス・デイ

世の罪を除きたもう主よ、
われらをあわれみたまえ.

(日本司教団典礼委員会 ミサ通常文より)


私を起こして ( Reveillez moy)

ガルニエ ( Garnier)

Reveillez moy, mon bel amy, いとしい人 あなたの素敵な朝の歌で
Au joly son de vostre aubade! 私を起こしてね!
Lhuys entrouvert est a demy. 戸は半分開いているわ
Entrez, fermez, poulsez fermy! 入ったら戸を閉めて
Si ferons la basse gambade, 二人で跳んで回って
la viste virade et pennade. はねて遊びましょう

(小杉元雄訳)


いとしい人よ、バラを見に行こう ( Mignonne, allon voir si la Rose)

ギヨーム・コストレ ( Guillaume Costeley)

Mignonne, allon voir si la Rose いとしい人よ、バラを見に行こう
Qui ce matin avoit declose 今朝、紅の衣を
Sa robe de pourpre au soleil 開いたばかりのその花が
Ha point perdu ceste vespree あなたの顔色にも似た
Les plis de sa robe pourpree 真紅の衣の襞の色を
Et son teint au votre pareil. 夕べにいささかも失っていないかを。
Las! voyez comme en peu d'espace, ああ、このように短い時の間に
Mignonne, elle a dessus la place, いとしい人よ、花びらは既に落ち、
Las! ses beautez laisse choir. その美しさを散らしてしまった。
O! vraiment maratre nature, おお、何と自然のむごいことか、
Puisqu'une telle fleur ne dure これ程に見事な花が
Que du matin jusques au soir. ただ朝と夜の間の命とは。
Donques si me croyez, Mignonne, それ故に、いとしい人よ、私を信ずるならば
Tandis que votre age fleuronne あなたの青春の花開く時、
En sa plus vert nouveaute, その初々しさの極みの時に、
Cueillez, cueillez votre jeunesse: あなたの若さを摘み給え。
Comme a ceste fleure, la viellesse まさしくこの花と同じく
Fera ternir votre beaute. 老いがあなたの美しさを曇らす前に。

作詞:Pierre de Ronsard


類いなき美しさ ( Beaute qui, sans pareille)

アントワーヌ・ド・ベルトラン ( Anthoine de Bertrand)

Beaute, qui sans pareille, 類い無い美しさよ、
As des hautz cieux apporte ta facture, 貴女は天国から降りて来たようだ。
Dont chacun s'esmerveille 人々は驚いて眺める、
Qu'aye en toy mis tout son effort nature, 自然が全ての力を貴女に傾けたことを。
Ne vueilles point aux humains t'esconduire, あらゆる人が憧れる
Mais contemplant ta souverayne face, そして優雅極まりない
Toute plaine de grace, 至高の美しさを
Voyant le bien ou un chacun aspire. この世から隠そうとしてはいけない。


恋の苦しみに耐えかね ( Treves d'amours)

クレマン・ジャヌカン ( Clement Janequin)

Tresves d'amours c'est une fourree 愛することをやめること それは束の間の
Sans fermete et sans foy assecuree 実りのない偽りの安息
Contre l'effort de felonne rigueur 忘れようと努めても愛は残酷に私を苦しめ
Contre mercy plus forte est sa vigueur どんなに慈悲を求めても 一層激しく責め立てる
De bien aymer c'est donc force forcee. だから愛しつづける他に道はない


美しいこの五月に ( A ce joli mois )

クレマン・ジャヌカン ( Clement Janequin)

A ce joli mois de may 美しいこの五月に
Faisons tous bonne chere! みんな楽しもう!
Reveillons nous, ne dormons plus 目をさまそう,眠っている場合じゃない
Dansons ballons et au surplus 踊ろう,はねよう,そしてまた
Chascun fasse son essay みんなそれぞれ試してみよう
Pour trouver sa bergere. 相手の羊飼娘を見つけるために!
A bien danser n'ayans vains cueurs 上手に歌うのにウジウジするな
Chantons gaiement soyons vainqueurs 陽気に歌おう,勝者となろう!
Celuy de nous le plus gay 一番陽気な男が
Si porte la banniere 勝利の旗を持つのだ!

(新倉俊一訳)


鳥の歌 ( Le chant des oyseaulx)

クレマン・ジャヌカン ( Clement Janequin)


Resveillez vous cueurs endormis 眠った心よ、目をさませ
Le dieu d'amours vous sonne 今日は五月の最初の日
A ce premier jour de may 愛の神さまがお呼びだよ
Oyseaulx feront merveille 鳥たちはすばらしく歌うだろう
Destoupez vos oreilles 耳をほじってよくおきき

Et farirariron ファリラリロン
Ferili ioly ioly フェリリ ジョリジョリ
Vous serez tous en joye mis みんなとっても陽気になるよ
Car las saison est bonne だって季節は上々だもの

Vous aurez a mon avis きっとみんなにきこえるよ
Une doulce musique 甘いきれいな音楽が
Dune voix authentique つぐみの殿御がご機嫌で
Ti ti ti ti ti Pitichon 自分のお声で歌っておいでだ
Que dis tu le petit mignon チ、チチチ、ピチション
Saincte teste Dieu au sermon かわいい鳥よ、なんのお話し?
Ma' maistesse a Sainct Tretin お説教などは真平御免
Voir(e) St. Robin あんな女はくれてやる
Mortrer le tetin トルタンやロバンの聖人様に
Le doulx musequin いいかい、かわいい楽士さん
Rire et gaudir c'est mon devis お乳を見せて、笑って躍る
Chascun s'y abandonne これがモットー、みんなもおやり
Car las saison est bonne だって季節は上々だもの

Rossignol du boys joly 森のきれいな小夜鳴き鳥に
A qui la voix resonne 声を合わせて歌ってごらん
Pour vous mettre hors d'ettnui 悲しい気分を忘れるために
Vostre gorge jargonne ほらほらのどか歌い出す
Tar friant tu quilara タル・フリアン・トゥ・クイララ
Huit syti coqui levachi フイト・スティ・コクイ・ルヴァシ
Titi cum quibi tu ティティ・クム・クイビ・トゥ
Fouquet frian fiti フケット・フリアン・フィティ
Fuyez regretz pleurs et soucys 嘆きも涙も悩みも忘れて
Chascun s'y abandoone みんな大いにやってごらん
Car las saison est bonne だって季節は上々だもの

Arrier maitre coqu かっこうの旦那はあっちへおいき
Sortez de nos chapitres わしらの仲間から出ておいき
Chascun vous est meintenu みんながあんたを嫌うのは
Car vous n'estes qu'ung traitre あんたがみんなを裏切るからさ
Coqu coqu trop coqu かっこう、かっこう、大あほう
Cococu trop coqu かっこう、かっこう、大あほう
Par trison en chascun nid pennez だれもあんたを呼ばないうちに
Sans qu'on vous conne だましてひとの巣に卵を残す
Resveillez vous cueurs endormis 眠った心よ、目をさませ
Le rossignol vous sonne 小夜鳴き鳥が呼んでいる

(山崎庸一郎訳)