辞典
書名 発行年 出版社 本体価格
発音・解説付き英和医語中辞典 13 79 文光堂 2,500
1から正しい英語を学ぶなら、必携。発音記号、ふりがな、アクセントまで表記してあるので、外国人医師との英会話に自信がつき、発音で笑われる事は無くなる。一生使える絶品。 医96
臨床に必要な英和・和英人体用語集 2 97 ユリシス 1,400
外国人と話す時、解剖用語を正しく発音したい人向き。カタカナのふりがなは使えるが、アクセントが書いて無いのが玉にキズ。 医96

解剖学
人体カラーアトラス 青山 弘・訳 新装版 01 総合医学社 2,900
この価格では良い本といえるが、内容が少ない。 医96
分担解剖学1 小川鼎三 ・他著 11 82 金原出版 9,300
分担解剖学2  平沢 興 ・著 11 82 金原出版 10,600
分担解剖学3 小川鼎三 ・他著 11 82 金原出版 8,600
ラテン語しか書いてない。これを完読しなくても進級出来るので必要性が問われるが、たいていの人は買う。詳しく、辞書的な使い方をする人が多い。第3巻は必要ないと言う意見もある。 医96
骨学実習の手びき 寺田 春水・他著 4 92 南山堂 4,000
4月早々に行われる骨学実習に必携の教科書。 医96
解剖実習の手びき 寺田 春水・他著 10 94 南山堂 7,300
9月からの解剖実習での教科書、これが無いと実習させてもらえない。 医96
スネル臨床解剖学 山内 昭雄・他訳 2 93 MEDSi 12,000
局所解剖を理解するためのテキストなので、講義の段階ではあまり必要ではないが、解剖実習開始後には必携。素晴らしい図が多い。独特のカラー図版を苦手とする人もいる。 医96
 解剖学講義 伊藤 隆 ・著 2 01 南山堂 11,000
理解しやすさにおいて定評のあるテキスト。高学年になってからも使いやすい。臨床的な事柄が随所に書かれてある為、疾患との関連づけをしながら楽しく勉強できる。系統的に書かれている分担解剖学に比べ、この本は部位別なので分かりやすい。(現6年の方のコメントなので旧版の評価です) 医96
グラント解剖学図譜(Anderson)  森田 茂 ・他訳  3 84 医学書院 17,000
図の数ではClementeに劣り、グラントで解剖を進めるには難しいが、独特のイラストが理解の助けになることがある。 医96
Anatomy ; a Regional Atlas of Human Body Clemente 4 98 Lippincott $56.00
色刷りできれい、分かりやすい。ラテン語記述なので最初は読みにくいが、そのおかげで横文字アレルギーは消えたかも。ネッター(学生版)が出るまでは、ほとんどの人が買っていた。 医96
Sobotta図説人体解剖学1 岡本道雄 監訳 4 96 医学書院 16,000
Sobotta図説人体解剖学2 岡本道雄 監訳 4 00 医学書院 16,000
図譜としては良いのだが、高価! 医96
ネッター解剖学図譜(学生版) 相磯貞和・訳 2 01 丸善 10,000
日本語付き、巻末に索引があって探し易い(しかし、索引なしで探す方が勉強になるのでは) 医96

発生学
Moore人体発生学 山本英樹・他訳 5 97 医歯薬出版 8,500
ラングマンに比べやや図が多いが、電子顕微鏡写真の美しさでは劣る。 医96
ラングマン人体発生学 安田峯生 ・訳 7 96 MEDSi 8,250
最もよく売れているテキスト。前任教授の著。 医96

細胞組織学・器官組織学
入門組織学 牛木辰男・著 1 89 南江堂 4,854
スケッチ図で説明してあり分かり易いが、内容が少なく、授業・実習・試験に対応するには不十分。内容的には物足りないが、一読目の理解の際には抜群の威力を発揮する。試験前の強い味方。 医96
標準組織学総論 藤田 尚男 他著 3 88 医学書院 8,000
最も定評のあるテキストで、内容も詳しい。詳しすぎて、ちょっときついかも。 医96
標準組織学各論 藤田 尚男 他著 3 92 医学書院 12,000
最も定評のあるテキスト。実習には役立つ。特に顕微鏡実習には必携。だが、試験前には「入門組織学」にはその座をゆずる。 医96
Bloom-Fawcett;Textbook of Histology Fawcett 12 94 Lippincott $98.95
原書であるが、文章は比較的平易。内容としてはこれ一冊で総論・各論いずれも網羅している。電子顕微鏡写真が美しく、豊富。が、光学顕微鏡の写真不足。 医96

神経解剖学
ハインズ神経解剖学アトラス 山内 昭雄 ・訳 2 00 MEDSi 5,800
講義や実習に役立つ一冊、中枢神経系の地図帳のような存在。 医96
カーペンターCoreText神経解剖学 嶋井 和世・監訳 4 96 廣川書店 12,000
訳本のため理解しにくい記述も多いが、時に目の覚めるような良い図が載っている。 医96

生理学
標準生理学 本郷 利憲・他編 5 00 医学書院 12,000
内容は充実している。じっくり読む気があれば非常に頼りになる一冊。理解しやすさは期待出来ない。講義と対応させるのが難しい。一通り生理学を勉強した上で読むと、良さがわかる本。 医96
シンプル生理学 貴邑冨久子・他著 4 99 南江堂 2,900
標準に比べて内容が薄い感じがする。 医96
 

生化学
シンプル生化学 3 97 南江堂 2,800
生化学の概略をつかむのに適した本。シンプルシリーズでは、この生化学が一番分かり易い。 医96
ハーパー生化学 上代 淑人・監訳 24 01 丸善 9,800
2〜3年毎に改版されて、内容はしっかりしている。 医96
レーニンジャーの新生化学(上) 小山 次郎・他訳 2 93 廣川書店 8,800
レーニンジャーの新生化学(下) 小山 次郎・他訳 2 93 廣川書店 8,800
2分冊で分厚いが、カラーの挿し絵が豊富で内容も非常に充実している。講義との一致を求めると無理がある。 医96

微生物学
エッセンシャル微生物学 内海夾・他編 4 95 医歯薬出版 8500
よくまとまっていて読みやすい。一見、分厚く とっつきにくそうだが、意外に使い易い良書。 医96
シンプル微生物学 3 00 南江堂 2,800
安価なのはいいが、シンプルシリーズといいながら、シンプルではない。 医96
戸田新細菌学 森 良一 ・他編 31 97 南山堂 15,000
内容では細菌学でもっとも充実している。 医96

薬理学
標準薬理学 鹿取 信・監 6 01 医学書院 6,500
一通りの内容を網羅していて、分かり易い。標準シリーズの中では、いい線いってる。 医96
シンプル薬理学 2 99 南江堂 2,800
標準やNewに比べると、載っていない薬があったりで、内容で見劣りする。 医96
Goodman and Gilman's: The Pharmacological Basis of Therapeutics Gilman 9 96 McGraw Hill $105.00
現在、改訂中。2001年、秋出来予定。非常に詳しい本だが高い。必要な時は図書館で。 医96
NEW薬理学 田中千賀子 他編 3 96 南江堂 8,800
分かり易い、標準とどちらを選ぶかは好みで。2001年8月、改版予定(現在、準備中) 医96

病理学
ロビンス基礎病理学 森 亘・他訳 1 99 広川書店 17,000
カラー写真・図版が多く記述も明快で、読んで楽しいテキスト。総論・各論という書き分けがなされていないので、講義と対応させにくい。訳本の為、用語の概念が微妙に異なっている事がたまにある。 医96
標準病理学 町並隆生・他編 1 97 医学書院 9800
一応購入して試験前にながめてみたり、くらいの本。意外と上級生になってから、読み返したりする。 医96
シンプル病理学 3 99 南江堂 2,900
とりあえず購入したが、あまり有用ではなかった、分かりにくい本。 医96
新病理学総論 菊地 浩吉・他編 16 98 南山堂 11,000
新病理学各論 菊地 浩吉・他編 12 96 南山堂 12,000
分かり易いとは言えないが、内容を網羅している為、安心。 医96
組織病理アトラス 飯島 宗一・他編 4 95 文光堂 12,000
最も充実したアトラス、組織というだけに肉眼の図はほとんど載っていないので、講義のスライドを見る機会を大切に。顕微鏡実習のスケッチの時には、これが必要になる。 医96

免疫学
シンプル免疫学 2 01 南江堂 2,600
この本で簡単に概略を理解しようと購入したが、全く分からない本。やはり、このページ数と内容では、免疫は語れないのか。 医96
免疫生物学 笹月健彦・訳 3 98 南江堂 7,700
カラー図版で楽しく勉強できる。日本語版で入手できる本としては、最も新しく、詳しいのでは。原書は2001年、7月に改版予定。 医96

寄生虫学
図説人体寄生虫学 吉田 幸雄 ・著 5 96 南山堂 9,000
買ってしまえばそれなりに読むと思うが・・・講義が詳しいので寄生虫はノートで十分。 医96

公衆衛生学
公衆衛生学入門 吉永文隆 ・編 1 99 南山堂 2,800
試験時に必携。現在は先生も変わっているので、不詳。 医96
国民衛生の動向《厚生の指標・増刊》 年度版 厚生統計協会 2095
年度版、毎年8月に発行試験の時には必携、後々少しは役に立つ。 医96