アルパの部屋

アルパという会社は今はない アルパの360°パノラマカメラROTO SM60/70
グランタゴン75mmF6.8付で90°~360°迄撮れるが、360°で撮るとブローニー120で1枚、70mmフィルム15feetでも9枚しか写せない。
その横幅は8x10の2枚分もあり、特殊な引伸機でないとプリントできない。
重さが7.7kgkgもあり、149万円もした。
今はアルパではなく、同じスイスのザイツ社がつくっており、35mm版用もある。
充電器、バッテリー、リモ-トコード、70mm7マガジンだけは手元にある。
70mmマガジンだけでも3,000円程度する代物。
珍しい70mmマガジン

bell206にオプション装備 アルパの取り付け状態
本来は送電線の鉄塔などの空撮用に開発された装置らしいが、ヘリ室内にファインダーなどなく、シャッターや絞りなども、1度セットすると着陸するまで変更できないなど、操作は楽ではない。
まして、プロ用のカメラを整備士等が操作するのは、大変だったろう。
どの程度使用されたかは全く不明。

ハッセルに戻る

百日紅に戻る