アナログからデジタルへ

2006年のデジタル放送開始から15年たち、私がこれまで書いてきた記事がほぼ任務を終えたので、1つにまとめました。
全部削除しても良かったのですが、過渡期の歴史を残す意味もあるので、記事そのものは残しておきます。
私は、現役時代の2000年頃に、SDノンリニア編集機 SONY DNE-1000を導入したりもしたが、報道現場ではリニア編集のほうが早かったので、自身はノンリニア編集機には懐疑的ではあった。
しかし、テープレスカメラが普及し、パソコンと編集ソフトさえあれば誰でもノンリニア編集できる時代になり、私もEDIUSで編集するようになってしまいました。

IP伝送最前線

SONY・松下を叱る

報道現場から見た商品開発への提言

地上波デジタル放送

おじさんの為のデジタル放送講座

デジタルの欠点

HDとノンリニア

HDVの編集

VTRフォーマット

 DVCプロ各種の特徴

VTR周辺器機


百日紅に戻る