ENGの部屋 2005.5.16更新

HDカメラ
手前が松下100M 後ろがソニーHDカム

ENGの歴史

1インチ、D2、D3、D5など放送局で使われるVTRのフォーマットは色々ありますが、 この場はニュース取材等で使用されている1/2インチ、6,35mmについて述べる事にします。

◎1/2インチVTRには、βカム、デジベタ、SX、HDカムなどがありますが、テープ幅、 カセットサイズは同じものの、互換は事実上不可能である。
アナログβカム

手前が池上HL-V55 後ろがソニーBVW-400A

●βカム:S53年頃から本格的に使用された3/4インチを引き継ぐ形で、S50年後半から SONYのフォーマットが認知され、現在まで世界中で使われている。しかし、アナログのため既に デジタルにその座を奪われつつある。
●デジベタ:βカムの次期フォーマットとして期待されたデジタルベータカムであったが、機材、 テープとも価格が高く、プロダクションなどでCM撮影などに使用されたが、βカムと次のSXに挟まれ、 存在が微妙になっていたが、HD化の前の16:9用として再浮上してきている。

●SX:ポストβカムとして注目されたが、DVCとのフォーマット戦争にさらされ、βカムと兼用でき るVTRはそこそこ売れているものの、カメラの売れはいま1つ。SXを積極的に採用していたキー局がすでにHDに移行し、 風前の灯火となっている。
●HDカム:ハンディカムのHDの草分けであり、NHKが正式採用を決めた。すべての1/2インチが再生できるマルチVTRとともに、 HD-SDIとダウンコンダータを備えた750と、より安価なITタイプの730がリリースされている。 しかし報道以外では、自社の、よりハイスペックなHDカムSRに追い上げられはじめた。
◎6,35mmにはDVC(25M、50M、100M)、DVカム、DVなどがあるが、塗布型、真空蒸着型 の違いはあるものの、テープの互換は原則可能。
DVCカメラ

手前が松下AJ-D910W 後ろが池上HL-V73

●DVC:SONYの高飛車な価格に対抗し、βカムの半値を売りに、松下が放送業界に殴りこんだ 報道用デジタルVTR。当初は、1/2CCDカメラの採用した小型軽量の25Mカメラが、支局、通信部など から使用されはじめた。これに危機を感じたソニーの発売したSXとの全面戦争となったが、TBSなど JNN系で採用され報道機材の一角を占めた。その後16:9にも対応できる50MやHD対応の 100Mも開発されている。日立、池上、東芝(カメラの生産をやめた)、などがDVCグループに入っている。
100Mは、当初の18μタイプから9μに変更2002年11月に2時間テープのXLカセット仕様を、2003年春に標準カセットの100Mカメラを発売 HDでの巻き返しをはかる

●DVカム:ソニーの作った6,35mmで25M。ただし、松下との混乱を避けるため、VTRカセットに 独自の溝を作ることでDVCカメラとの混用を不可能にしている。NHKが通信部用に採用しているが、 SXとの棲み分けがはっきりしない。
●DV:通常は、ミニカセットがデジタルム−ビーとして、民生用を中心に使用されているが、 DVカムにも使用できたり、標準サイズカセットはDVCのLカセットと同じであったり、初心者には わかりづらい面もある。しかし、プロの予備機材としても多用され、ビクターからはプロ仕様の高級機も 発売されている。

ソニーの苦悩
民生用VTRとしてはVHSと戦いに敗れたベータは、プロ機材として世界制覇を果たした。そして βカムSPを投入し、隙をうかがっていた松下Mフォーマットを完全に撃破してしまった。その後、 1インチにも取って代われる非圧縮のデジタルとして、1度役目を終えていた3/4インチをデジタルとして復活 、その後松下のD3に対抗し、1/2インチテープで1/2圧縮のデジベタを発表、将来のデジタルの路線は完璧 に見えた。しかし、1インチ、βカムとも、特に不満のない性能と、民放の公式交換基準ということが かえって仇となり、機器の高価格ともあいまって、デジタル化は思うように進まなかった。 この一瞬の隙をついて松下DVCが参入、あわててSXを入するが、ハイブリットのVTRに使用上の 問題が発生。この対策に時間がかかり、その上SXと同時期にDVCと同じ規格をもつDVカムも発表し、 消費者を混乱させた。βカムというすばらしいフォーマットをかかえたが故の苦悩でもある。 私の個人的な見解としては、D2を飛ばして一挙にデジベタを発表しておれば、現在の苦労はなかった のではないかと思うが?SXはその後のHDカムの登場で急降下。松下のHDがテープ長の変更でごたついている間に、HDカムはNHKを中心に伸びてはいるが、 5.1サラウンドに対応できないため12chのSRをつくったがHDカムとWフォーマットとなってしまった。

AJ-1200

松下の課題
50Mと同じテープ長が使える9μの新100Mを開発。2時間テープも掛かるVTRはAJ−HD1700だけに統一。AJ−HD1200にはIEEE1394も付け安くて高性能になってしまった。P2も発表したことでDVCをいつまで存続させるのかが判断が難しくなった。

AJ−HD1200


EDCAM

   池上の宿命
松下やソニーに比べ、自前でVTRを持っていなかった池上だが、自前のハードディスクカメラのHD化をやっと完成させた。 テープレスでは、ソニーや松下に一歩先行したが、新フォーマットをどこまで普及させる事ができるかが課題。

HDエディカム


HDの展望

HD24Pの可能性

最新のajx400 SXで失敗したSONYではあったが、HDカムはかなり早く市場に投入し、松下を一歩リード。 βカムの遺産を生かせるマルチフォーマットデオの投入と新型カメラで、松下の追撃を引き離す作戦。 松下が9μの新DVC100Mを発表し、再び追い上げを図る。SXで失敗したSONY、 50Mに手間取り100Mの開発が遅れた松下、今後の勝負の行方が注目されます。 しかし、デジタルといえどもA−D変換するコーデックをを通過する毎に映像が劣化するため、フォーマットの統一が必要だが、 各社とも自社製品をすでに開発済でどの方式に統一するかは揉めるところ。また、HD映像は莫大なデータ量をもっている為、超高速度の通信網は必要であるが、 デジタルのままHDデータを転送できる通信設備は皆無に等しい。現状の150Mの光ファイバーでも映像レベルでの伝送が精一杯。 Eメールのような転送は夢のまた夢。AVでは優位を誇っているSONYも通信機器といえば携帯電話と小電力のトランシーバぐらいしか持っていないし、 松下は無線電話、送信所設備は持っているものの、マイクロやSNGはもっていない。NECや東芝はAVが弱いし、富士通や沖電気などは、 放送のことはほとんど理解していない。通信フォーマットの統一の合意が何時できるのかが今後の注目。

百日紅に戻る