ENGの歴史

1979年春 池上HL-79A、ソニーBVU-50、BVU-200、BVE-500を導入し3/4UマチックでENG元年
1980年 BVH-1000導入 1インチでのライブラリー化を始める。
1882年 池上HL-83 ENGカメラの小型化
1983年 BVW-10
1983年 BVU-800導入 3/4インチVTRの早送りビューが可能になる。
1985年~1989年 BVP-1 BVV-1 池上HL-95、HL-55 ソニーBVP-50J BVV-5など1/2ベータカム導入
1986年 BVW-25
1988年 BVW-75導入 βカムでのスロー再生が可能に
1989年 BVW-200でカメラが1ピースに BVW-35 
1990年 BVW-300 BVW-400
1991年 ビクターGY-X1 S-VHSを支局に導入
1992年 TVマスターにD2導入
1993年 BVW-50 ポータブルTBC付VTR
1994年 DVW-510 ライブラリーのデジベタ化
1996年 AJ-D700 AJ-D750 EZ-1 池上HL-V77 DVC化が始まる
1997年 AJ-LT75 ラップトップ編集機導入 TBSがDVCに決定し、βカム全盛期に終焉をつげる。
1998年 DNE-1000 SDノンリニア導入 支局の素材送り回線完成
1999年 AJ-HDC20A DVC100M(18μ/s)HD-DVCカメラ導入
2000年 HDW-700A HDW-500 HDカム導入 DNW-65 SX再生機導入
2001年 AJ-HD130DC 可搬HD-DVC

SK-80 昭和50年、広島カープ初優勝の年、テレビ新広島(tss)が開局。3/4インチUマッチックビデオと、業務用小型ビデオカメラで取材を始めたが、 背負子で担ぐVTRと,、初期のVHSカメラ程度の解像度の悪い映像は、とても使えるものではなく、間もなく16mm映像に戻した。

昭和53年頃になると、日立SK-80、池上HL-77などのカメラにソニーBVU-100などのVTRを組み合わせた、本格的なENG時代に入る。 RCCではこの年、ニューヨークの第一回国連軍縮総会の取材に、現地ENGクルーを使って取材し、衛星生中継を実施した。
Hitachi SK-80の写真は 『登別映像機材博物館』http://binmuseum.web.fc2.com/ に譲って頂きました。


私の壊したカメラ

池上HL-79A池上HL-79A
昭和54年夏に導入したENG1号機。

のちに高感度のBVP-330 ソニーBVP-300と勢力を2分したカメラ。 NHKでは池上に、BVP-300の外観に似せたHL-79Nを作らせた。
hl83.jpg この後、小型の池上HL-83に変わることになる。
(この写真はyumejizo http://www.yumejizo.com/ さんから提供していただきました)


SONY BVU-50 ソニーBVU-50
3/4UマチックVTR。カメラとは26ピンのマルチケーブルで繋ぐ。ソニー初の繋ぎ撮りができるVTRで、再生機能を省いて小型軽量を目指した。振動に弱く、 運動会などで走りながら取材すると、映像がよく乱れた。TCの入力は外付けで50万円近くもした。


SONY BVW-1ソニーBVW-1
βカム初の単管VTR一体化カメラ、カメラとレンズはケーブルから接点に変更された。しかし、発売直後、私がデモ機を撮影しようとした時、 レンズにガタが気になり、調整しようとしところ、レンズがカメラから外れ落下した。この事故以後、落下事故防止のネジがレンズにつけられた、いわくつきのカメラである。 太陽などの光源を直接撮影すると、撮像管がすぐに焼き付使い物にならなくなる。しかし、HL95に比べ軽かった 。昭和58年に導入。


池上HL-95 池上HL-95
昭和60年、撮像管最後のカメラ。3管でカメラの性能は良かったが、11kgもあるのと消費電力が高く、NP-1バッテリーだと5分~10分程度しか持たない、カメラマン泣かせのカメラであった。それでもソニーのBVP-3よりましであった。 カメラマンの腰痛が問題になったのも、このカメラの時代である。カメラが高感度になったことから、 室内での取材でも照明をあえて使用しなくても写るようになり、ENG撮影手法が変わりはじめた。但し、価格は800万円近くもし、 ナンダカンダでENG1台が1千万円もした時代でもある。VTRはBVV-1を使用。1980年代後期には、CCDの池上HL-55やソニーBVW-50Jなどになり、VTR部分はメタルも使えるSPタイプのBVV-5を使用するようになったのち、ドッカブルカメラの時代が終わることになる。


昭和63年、BVW-70、75を導入し、RECもβカムになった。

ENGの部屋に戻る

百日紅に戻る