ライカの系譜

ライカファンあこがれのロゴマーク

Urライカ:1913年にオスカーバルナック博士が作った試作カメラ。世界に3台しかない。

0型ライカ:1923年量産モデルの試作カメラで31台生産された。近年、復刻モデルも生産された。

A型(T型):1925年に量産された実質上のライカ1号モデル。

B型:1926年A型にレンズシャッターを付けたもの

C型:1930年A型がレンズ交換できるようにしたもので、初期のものは、カメラ毎に交換レンズの調整が必要だった。

スタンダード:1932年C型に引き上げ式の撒き戻しノブがついた。

U型:1932年スタンダード型に距離計がついたもの

V型:1933年U型にスローシャッターがついたもの

Va型:1935年V型に1/1000秒のシャッターがついたもの

Vb型:1938年Va型で離れていた距離計と50mmのファインダーを近づけたもの

Vc型:1939年ボディがダイキャストになり3mm大きくなった。後期の戦後タイプは巻き戻し部分に段がなく、 質も落ちるが、かえって安く入手できる事もあるが、反面、前期の段付きモデルには、軍用モデルも多くマニアのコレクション対象にもなっている。 偽物も多く出回っている。

Uc型:1948年Vcからスローシャッターをなくしたもの

Tc型:1949年Ucから距離計をとったものでシンプルであるが、生産台数が少ない為、意外に高い。

Vd型:1939年Vcにセルフタイマーをつけたもので、珍品である。

Vf型:1950年Vcにシンクロ接点をつけたもので、ブラックシンクロ、レッドシンクロ、セルフタイマー付きなどがある。

Uf型:1951年Vfからスローシャッターをなくしたもの

Tf型:1952年Ufから距離計をとったもの

Vg型:1957年M3発売後に発売されたスクリューマウント最後のカメラで、90mmのフレームが入っている。

Tg型:1957年Vgからファインダーを取り除いたもの

M3型:1954年バヨネットマウント、巻き上げレバー、裏蓋の開閉など画期的なアイデアで世界を驚かし、最も人気の高いモデル。

M2型:1958年M3に35mmのフレームを追加し、少し簡素化したモデル。スナップ派に人気が高かった。

M1型:1959年M3から距離計を省略したもの

MD型:1963年M3からファインダーを省略したもの

M4型:1967年M3とM2の良いところを併せ、巻き戻しクランクを追加した。

MDa型:1966年M4からファインダーを省略したものだが、巻き上げレバーはM3タイプである。

M5型:1971年TTL内蔵の新設計カメラだが、大きくなりすぎ不評で売れなかったが、生産台数が少なかった為、かえって中古価格は高い。

CL型:1973年M5をコンパクトにしたもので、日本国内ではライツミノルタCLとして発売された。

M4−2型:1978年カナダで再生産されたM4でセルフターマーはない

MD−2型:1977年M4−2からファインダーを省略したもの

M4P型:1981年M4−2に28mmのフレームを追加したもの

M6型:1984年M4PにTTLを追加したもので、さまざまなバリエーションがある。

M6TTL:1998年に、TTL自動調光の専用ストロボの使用を可能にしたM6改良モデル。シャッターダイヤルが大型化し、 回転方向化が逆になり、ボディーが2、5mm高くなった。

M7型:2002年M6に電子シャッターを組み込み絞り優先のEEを追加したもの。

MP型:2003年M6をベースに、外装を旧MPに復刻?したもの。 (ライカのカタログにはない旧MPは、1956年にアルフレッド・アイゼンシュタット、デビット・ダグラス・ダンカンらの要望で、400台程度生産されたと言われているが、M2を基本ベースにライカビイトが付いていた。) 400台限定で発売されたMP6や、1000台限定のMP3も発売され、ややこしくなってきた。

M6 
M6
M4P,CL,Vc,7上海
ライカとらいか
 

ライカの部屋に戻る

百日紅に戻る