白黒写真現像入門

1、フィルム現像編

用意する道具
LPLの現像タンクとリール ダークバック:大きめのものが将来役に立つ。無い場合は真っ暗な押し入れで代用する。
現像タンクとリール:ステンレスのものがお薦め
栓抜き:フィルムの蓋を開ける

フィルムクリップ フィルムクリップ:おもり付きがお薦め

現像タンク、計量カップなど 貯蔵タンク×2:1g程度で、現像液用と定着液用で2個必要だが、ビール瓶でも代用可能
軽量カップ:(1.3g程度)
攪拌棒:箸でも可
物干し用紐:針金でもなんでも良い
水温計:50℃までは必要
時計:秒針付き

4×5用のセット 4×5版の場合
ホームセンターで買った2L用ポリタンク(市販の現像タンクは8,000円もするが、これなら1個470円)の上部を切り、タンクとして使用。
現像用枠に入れ、時間を読み上げたテープを聞きながら、時間現像とする。
暗室時計があればいいのだが、壊れにくい暗室時計に、私は出会ったことが無い。
一応、暗室ランプで確認するが、ほとんど気休めぐらいにしかならない。

D76,ミクロファインなど 材料
現像液:D76(コダック)かミクロファイン(フジ)を50度以下の水で溶いておく
停止液:酢酸 5%の水溶液を1g程度つくる。無い場合は水で我慢する。
定着液:フィジフィックス。30℃以下の水で溶いておく
水:純水が望ましいが、1度煮沸した水道水で充分。水道水はカルキが入っているので、そのまま使うと 黄色く変色する。
界面活性剤:写真用のもの、5%の水溶液を使う。または写真用のスポンジ。
ネガカバー:現像したフィルムを入れる。

現像の実際

フィルム装てん:ダークバックのなかで、パトローネの蓋を栓抜きであけ、リールにフィルムを巻きつけていき、最後はパトローネの軸についているテープを手でちぎり、リールをタンクに入れ、蓋をしめる。 要らないフィルムで明るいところで何度も装填の練習をしておかないと最初は必ず失敗する。

現像:20°±0.5°の現像液でD76の場合、8分現像するが、最初の30秒は連続、あとは1分毎に5秒攪拌する。
温度と時間の管理が肝心。ここで失敗すると取り返しがつかない。

停止:停止液を30秒連続攪拌

定着:現像と同じように、最初の30秒は連続、あとは1分毎に5秒攪拌するが、現像ほどにシビアでなくても可。

水洗:リールに入れたまま流水で30分

乾燥:界面活性剤に浸してあと、クリップではさんで乾燥させる。気泡が付いていると乾燥ムラができる。
乾いたら、ネガカバーに入れて保存。

ニコンのスライドビュアー ネガが出来たら引き伸ばしだが、引き伸ばし機が無い場合、フィルムスキャナーでパソコンに取りこみネガ反転してプリントするインチキもできる。
フィルムスキャナーが無い場合は、ネガをデジタルカメラで接写する方法もある。

引き伸ばしレンズ 引き伸ばしレンズ
EL-Nikkor50mmF4:学生時代、せめて1本ぐらいはニッコールが欲しくて一番安いこれを買った。
そして、念願のニッコールクラブに加入した。 
FUJINAR-E75mmF4.5:本当はニッコール80mmF5.6が欲しかったのだが、ブロニカを買った直後だったので、これで我慢した。
EL-Nikkor105mmF5.6:鈴木特殊カメラで見つけ購入したが、使っていない。

引き伸ばしレンズで撮影


白黒フィルム

各種フィルム kodak/トライX:白黒フィルムの定番。少し固めの調子がドキュメンタリーにもってこい。伝統の味がある。
kodak/Tmax400:トライXよりやや軟調で一般向き。
フジ/ネオパンプレスト400:Tmaxに似ている感じだった。
イルフォード/HP4・400:トライXに似た調子だが、ややカブリのような感じがある?
イルフォード/デルタ400プロ:D76で9分30秒とチョッと変わった現像が必要。
コニカ/コニカパン400:D76で8分でなつかしいコニパンの色が出て来る。値段が安いのが魅力だった


スピグラで撮影 「西部の門」
GRAFLEX GRAPHIC OPTAR135mmF4.7
フジNEOPAN400 1/100 F11 O2使用 フロントライズ
D76 22℃ 6分 皿現像

セミパールで撮影 kodak/Tmax100(ブローニー版)
400の35mm版より、こちらのほうが使いやすそうな第一印象。
このほか、カラー現像処理できるTmax400CNイルフォードXP2スーパー400もあった。
最近は、白黒フィルムの種類も少なくなって価格も上がって入手が難しくなってきたので、カラーネガフィルムを白黒現像するのも面白くなってきた。

リコーGR1sで撮影
GR1sはレンズが魅力 カメラはリコーGR1sのプログラムAE、ネオパンプレスト400で撮影 D76で8分現像
リコーGR1s:1994年にフィルムパトローネより薄いカメラとして世界を驚かしたR1に続くGRシリーズとして1998年に製造された。
28mmF2.8のレンズはLマウントにされ限定販売されたほどの好評を博した。

百日紅に戻る