懐かしのカメラ

mamiya35.jpg mamiya35c.jpg マミヤ35ルビー48mmF2.8  1959年9月 (昭和34年)18,500円。
マミヤはこの頃、レンズシャッター付35mmカメラを沢山造っている。
手頃な価格でもあり、良く売れたらしい。その後、F1.9のレンズに変更された。
私がかつて持っていた個体は、バイクのサイドボックスに入れていて振動でバラバラになって捨ててしまったので、ヤフオクで再入手した。

ミノルタSR-1s ミノルタSR-1s 55mmF1.7
昭和42年当時、レンズ付で37,900円(ボディのみ22,000円)であった。
SR-T101の弟としての位置付け。すっきりしたデザインが魅力だった。
ハイマチックがアポロに乗り、一躍ミノルタの名が世界に知られた。
巻き上げレバーの中心にレリーズボタンがあり、ライカと通じるところもあって、後にライカCLでライツと提携する事になる。

ミノルタSR-T101 ミノルタ SR-T101 black
クロームは1966年(昭和41年)に32,600円で発売された。
blackボデーは昭和44年末発表され、クロームより1,000円以上高かったと思う。

ブロニカS2 モデル:村瀬和恵 ゼンザブロニカS2 ニッコール75mmF2.8
昭和40年当時、93,500円。
ハッセルブラッドに負けないメカニズム。マガジンを外すと引蓋が抜けない構造などは、良く出来ていた。ヘリコイドも外せる。
ニッコールレンズ付も魅力だった。
1959年12月にD型の発売からはじまったブロニカだが、創業者が死去したのち、タムロンに吸収された。

思い出のカメラに戻る


百日紅に戻る