メーカー別ATコマンド



RockWell系チップ(LT Win Modem等)

+MS= 型

AT+MS=通信規格,自動モード,受信最低速度,受信最高速度,送信最低速度,送信最高速度
受信・送信がモデムによっては逆転します。
富士通製FMV-Biblo内蔵モデム
 

通信規格

コード モード Max速度 コード
モード
Max速度
0 or V21
ITU-T V.21
300bps 11 or V34
V.34
33600(28800)bps
1 or V22
V.22
1200bps 12 or V90
V.90
56000bps
2 or V22bis
V.22bis
2400bps 56 or K56
K56flex
56000bps
9 or V32
V.32
9600bps 64
BELL 103
300bps
10 or V32bis
V.32bis
14400bps 69
BELL 212A
1200bps

※モデムによってどちらが入るかは異なります。間違えた場合はWindows95/98の場合「モデムが応答しません」とエラーを出します。まずモデムの取扱説明書をご参照ください。簡単に見極める場合はターミナルモードで「AT+MS=?」と入力することで設定項目の一覧が出ます。

自動モード

0:なし
1:あり

V.8/V.32Annex Aの切り替えに関するモードなのでデフォルトの1のままにしておきます。

受信最低速度

最低速度の設定です。通常は2400か300にします。33600にすると通信環境が33.6kbpsを満たしていない場合、一向に接続できなくなります。
 

受信最高速度

ここで通信速度の上限を設定します。デフォルトは通信規格で設定したモードの上限までしか設定できません。
 

送信最低速度、送信最高速度

通常は設定しません。
 

設定例

V90&flexモデムで上限を33.6kbpsに固定させる場合。

AT+MS=11,1,2400,33600 or AT+MS=11

V90モードで上限を40000程度にしたい場合。

AT+MS=12,,,40000 or AT+MS=V90,,,40000

K56flexモードで上限を40000程度にしたい場合。

AT+MS=56,,,40000 or AT+MS=K56,,,40000
 

S38=n 型


S38=0 Disable K56flex(K56flex拒否)
S38=1 Automatic rate selection (自動設定(標準設定))

S38=2 32 kbit/s

この間数字が1増えるごとにMax受信速度が2kbit/s増加。

S38=14 56 kbit/s
 

メーカー製モデム製品一覧

オムロン

外付け型モデム(生産停止)
ME5614A
ME5614B
(おそらく)x2,V90対応モデム

外付け型モデム
ME5614C
ME5614D
ME5614E

PCカード型
ME5614C/L
ME5614C

内蔵型
ME5614PCI(PCIバス専用)
ME5614ISA(ISAバス専用)

いずれもK56flex,V90対応モデム。
 

アイオーデータ機器

外付け型モデム
USB-PM560(USB外付けモデム)
USB-DM560(同)
DFML-560E(シリアル外付け)

内蔵型モデム
IFML-560/PCI(PCIバス専用)
IFML-560(ISAバス専用)

PCカードモデム
PCML-560E

いずれもK56flexとV.90に対応。

NEC

外付けモデム
COMSTARS MULTI 560
COMSTARS MULTI 560II
IIに関してはV90とK56glexに対応。無印は不明。

メルコ

IGM-B56K(外付け型)
IGM-PCI56K(PCIバス専用)
IGM-PCM56K(PCカード型)
いずれもV.90とK56flexをサポート。

ロジテック

外付けモデム
LFM-560TS3
LFM-560CL2

内蔵モデム
LFM-560PCI3(PCIバス専用)
LFM-DV560ISA2(ISAバス専用)
LFM-DV560ISA(ISAバス専用)

PCカードモデム
LPM-FM560D
いずれもV.90とK56flexをサポート。

TDK

DF5633ES
DF5633EX
DF5660
DFL5610WS
いずれもV.90とK56flexをサポート、PCカード型。



元に戻る。