FMV内蔵モデムATコマンド表



FMV-FX52Z1(1999年夏モデル)
 http://www.fmworld.ne.jp/support/hikken/99summer/deskpower/chu-i/fx52z1.pdf
 
AT +MS =n1,n2,n3,n4,n5,n6 各変調方式ごとに、回線接続速度の
設定を行うことができます。

〔出荷時の値〕AT +MS =V90,1,75,33600,75,56000

n1 :サポートモードを示します。
n1 B103 B212 V21 V22 V22B V32 V32B V34
n2 :オートモードの選択(n2 =0,1 )
n2 =0 :オートモード禁止
通信の変調方式が固定となります。
例AT +MS =V34,0,2400,33600,2400,33600
変調方式V.34 の2400bps から33600bps の間の回線速度で接続されます。
この場合は、V.34 だけでの通信が可能ですので相手モデムがV.34 をサポートしていない場合には回線を切断します。
n2 =1 :オートモード有効
通信の変調方式が可変となります。
例AT +MS =V34,1,2400,33600,2400,33600
変調方式V.34 の2400bps から33600bps の間の回線速度で接続されますが、相手モデムがV.34 をサポートしていない場合には他の変調方式で接続します。
n3 :最低回線送信速度の選択(300 −33600 )
n4 :最高回線送信速度の選択(300 −33600 )
n5 :最低回線受信速度の選択(300 −56000 )
n6 :最高回線受信速度の選択(300 −56000 )
 



FMV-Biblo98年冬モデル
 http://www.fmworld.ne.jp/support/hikken/98winter/biblo/chu-i/m_biblo.pdf
FMV-Biblo99年春モデル
 http://www.fmworld.ne.jp/support/hikken/99spring/biblo/chu-i/m_biblo.pdf
FMV-Biblo99年夏モデル
 http://www.fmworld.ne.jp/support/hikken/99summer/biblo/chu-i/m_biblo.pdf
FMV-Biblo99年冬モデル
 http://www.fmworld.ne.jp/support/hikken/99winter/biblo/chu-i/m_biblo.pdf
より、
※中身一緒(^^;。
 
変調方式と回線速度を設定します。書式を以下に示します。
AT +MS =[carrier ],[automode ],[min_tx ],[max_tx ],[min_rx ],[max_rx ]
carrier :変調方式を選択します。以下の設定が可能です。
V90 …V.90 モード
K56 …K56flex モード
V34 …V.34 モード
V32B …V.32bis モード
V32 …V.32 モード
V22B …V.22bis モード
automode :自動フォールバック機能の設定を行います。
0 …無効
1 …有効
min_tx :最低送信速度を設定します。
max_tx :最高送信速度を設定します。
min_rx :最低受信速度を設定します。
max_rx :最高受信速度を設定します。
設定可能な速度は下表のとおりです。
〔出荷時の値〕+MS =V90,1,75,33600,75,56000
〔関連〕+MR



元に戻る。